« 【波照間旅行記11】戦い済んで陽が暮れて | トップページ | 【波照間旅行記13】GetBack! »

2004.08.31

【波照間旅行記12】ガラスのエース

7/22(2日目) 午後10時

 今日は一日追い込み漁をして遊んだのでクタクタです。もう寝ることにします。

 ところで、もしかして今後この民宿「みのる荘」に泊まるかもしれない人のためにひとつ重要な情報をお教えします。それは…

 クーラーがコイン式(100円/時間)である

 ということです。我々の部屋のクーラーは、一度に400円までしか入れられませんでした。ということは、寝る直前に400円入れても、4時間後には冷房が切れてしまうということです。

 ちなみに、実はこの部屋はまだマシな方で、父さん母さん達の部屋のクーラーは、一度に100円しか入れられない構造でした。寝る直前にお金を入れても、1時間後には冷房が切れてしまいます。どうなってるんだベイベー!!

 窓を閉め切って冷房するか、冷房をかけずに窓を開けるか。究極の選択です。昨晩(1日目)、オレ達は、窓を閉め切って冷房する方を選択しました。とりあえずいったん寝ちまえばこっちのもんだろう、という考えです。そこで、窓を閉め切り、夜10時、寝る直前に400円入れて就寝しました。おやすみなさい。

 …ん…んん……ん~…あちい…あつー

 オレは蒸し暑くて寝苦しくて目覚めました。時計を見ると、午前2時。お金を入れてからきっちり4時間です。しょうがないので、オレは起きだして、コイン投入口に400円入れました。うっしーは、多少寝苦しそうですがしっかり寝ています。止まっていたクーラーは再び動き出しました。もういちど、おやすみなさい。

 …ん…んん……ん~…あちい…あつー

 オレは蒸し暑くて寝苦しくて目覚めました。時計を見ると、午前6時。さっきお金を入れてからきっちり4時間です。ムカつくくらい優秀なタイマーです。まだ起床には早いです。しょうがないので、オレは起きだして、コイン投入口に200円入れました。うっしーは、多少寝苦しそうですがスヤスヤ寝ています。オレはちょっと殺意をおぼえかけましたが、ぐぐっとこらえました。あぶないあぶない。止まっていたクーラーは再び動き出しました。今度こそ、おやすみなさい。

 …とまあ、1日目の夜はこんなでした。さすがに4時間起きに目覚めるのはつらいので、今日は窓を開けて寝ることにしました。おやすみなさい。

 こうして、繊細でデリケートな神経を持った、壊れそうな物ばかり集めてしまうガラスのエース、ワタナベ。は眠りにつきました。

(つづく)

1つ前次へ

|

« 【波照間旅行記11】戦い済んで陽が暮れて | トップページ | 【波照間旅行記13】GetBack! »

コメント

う~む。コイン式ク-ラとは興味深い。私もどちらかというと人に殺意を覚えさせる派ですね。繊細な人が一緒に寝てくれると冬も夏も助かりますぅ。
ってゆうかやっと2日目の夜があけたところなのね。この旅がずっと終わらなければいいのに・・

投稿: ゆかりん | 2004.09.01 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42985/1326483

この記事へのトラックバック一覧です: 【波照間旅行記12】ガラスのエース:

« 【波照間旅行記11】戦い済んで陽が暮れて | トップページ | 【波照間旅行記13】GetBack! »