« 【波照間旅行記1】石垣島到着 | トップページ | 【波照間旅行記3】ワタナベ。大地に立つ! »

2004.08.13

【波照間旅行記2】船の上で

7/21(初日) 午後3時半

 さて、船は出航しました。波照間島に向かってまっしグラです。しばらく行くと、左手前方に島が見えてきました。

 「ワタナベ。君、みてごらん。あれが波照間だよ」

 うっしー父さんが左手の島を指さして自慢げに言います。

「おお~!」

 カシャッカシャッカシャ。オレは夢中でデジカメのシャッターを切りました。


 しかし…、ん!?待てよ。確か波照間まで小一時間かかるはずだぞ…。だけど、まだ15分かそこらしか経ってねえぞ…?

 案の定、船は左手の島を通り過ぎて行きました。

 …。

「いやあ、ごめんごめん。間違えちゃったよ」

 ま、まあいいか。誰にでもマチガイはあるものだし。
 しばらく行くと、今度は右手にやや大きな島が見えてきました。

「おっ。あれはきっと西表(いりおもて)だな。ということは、あっちに見えるのが波照間じゃないかな」

 父さんが再び前方を指さして言いました。

「へえ~。波照間と西表って近いですね」

 などと感心したフリをしつつも、今度はシャッター切りませんでした、オレ。ふっふっふ、これがオトナ同士の腹の探りあいってヤツかな…。

 またしてもというべきか、船は父さんの指さした島とは別の方向へ向かっていきます。

 …。

 そして再び波間をゆくことしばし、

「おっ。ワタナベ。君。今度こそアレが波照間だ」

 はいはいそーですか。父さんの指さした方向には、水平線のほうにうっすら平らな島が見えます。あんまり信用してませんでしたが、今度は正解、それこそが目指す波照間でした。船は波照間島の港へと入っていきます。

(つづく)

1つ前次へ

|

« 【波照間旅行記1】石垣島到着 | トップページ | 【波照間旅行記3】ワタナベ。大地に立つ! »

コメント

オトナ同士の腹の探りあいが勉強になりますた

投稿: ゆかりん | 2004.08.27 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42985/1188018

この記事へのトラックバック一覧です: 【波照間旅行記2】船の上で:

« 【波照間旅行記1】石垣島到着 | トップページ | 【波照間旅行記3】ワタナベ。大地に立つ! »