« 【波照間旅行記5】宴 | トップページ | 【波照間旅行記7】失墜 »

2004.08.20

【波照間旅行記6】どこの誰かは知らないけれど

7/22(2日目) 朝8時

 今日はおじさんが「追い込み漁」をやろうと言ってます。「追い込み漁」は、うっしー家の人々が波照間を訪れるたびにおじさんが開催してくれるイベントらしいです。オレも、追い込み漁の話はうっしー家の人々からさんざん聞かされていました。その話によると、追い込み漁とは次のような漁らしいです。まず、参加者は、網部隊と追い込み部隊とに別れます。網部隊は先に海に入り、網を広げて魚を待ち構えます。続いて、追い込み部隊が海に入り、水をバシャバシャしながら網にじりじり接近していきます。そうすると魚は驚いて網のほうに向かって逃げます。こうして魚を網に追い込むと、網に魚がかかるという理屈らしいです。これが事前にうっしー家の人々から聞いていた追い込み漁に関する知識です。

 朝早くおじさんの家に行き、オレ達5人は、おじさんに連れられて浜に行きました。観光客どころか、島の人すらいないところです。小さな入江のようになっていて、砂浜もあります。おじさんは、まだちょっと早いからしばらく泳いで遊んでろ、とオレ達に言いました。しかし、ここでオレは水中メガネと足ヒレを民宿に忘れてきたことに気付いたので、うっしー父さんが運転するおじさんのトラックで民宿まで忘れ物を取りにいきました。民宿で、オレが部屋に忘れ物を取りに行っている間に、うっしー父さんは、ロビーで一服していた観光客(40代後半くらいの男性)に「今から地元のおじさんと漁をするんですよ」なんて自慢してました。

 オレとうっしー父さんは、民宿からおじさんの家に行き、おばさんと、おじさん家のお嫁さんと、2人の孫娘(宿題完了)をトラックに乗せて浜に戻りました。すると今度はうっしーがお腹が痛くなったというので、父さんとうっしーは薬を取りに民宿に戻りました。その他のメンバーは、浜でパチャパチャ泳いで遊びます。水の中を覗くと、確かに魚が泳いでいます。これを捕らえる気なのでしょうか。

 しばらく泳いで遊んでいたら、しばらくしてうっしーと父さんが帰ってきました。お腹痛いのは直ったそうです。ん?なんだか知らない人を2人連れてきてます。よく見ると、2人のうち1人は、さっきオレが忘れ物を取りに民宿に行ったとき、父さんがロビーで話しかけた人です。

 しばらく経った時、うっしー母さんがうっしー父さんに、あの2人はどうしたのか、と聞いていました。うっしー父さんは、「いやあ、どこから聞きつけたのか知らないんだけど、『地元の人と漁をやるって聞いたんですけど、一緒に連れていって下さい』って言われたんで連れてきたんだけど…。」と言ってました。

 いや、あの、父さん、アンタがさっき自分であの人に自慢げに話してたのですが…。

(つづく)

1つ前次へ

|

« 【波照間旅行記5】宴 | トップページ | 【波照間旅行記7】失墜 »

コメント

うっしー父さんにほれました。

投稿: ゆかりん | 2004.08.27 11:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42985/1231565

この記事へのトラックバック一覧です: 【波照間旅行記6】どこの誰かは知らないけれど:

« 【波照間旅行記5】宴 | トップページ | 【波照間旅行記7】失墜 »