« 【波照間旅行記19】数字の魔術師 | トップページ | 【波照間旅行記20】Hello, Goodbye »

2004.09.14

王様の耳はロバの耳

 オレは毎日高速バスで茨城県から東京まで通勤している。高速バスというからには、常磐道-首都高と、高速道路を走行する。首都高といえば、前から気になっていることがある。首都高を走っていると向島のあたりでアサヒビールのビルが見えるのだが、ご存知だろうか。アサヒビールのビルと言ってもピンと来ない人もいると思うが、こう言えば分かるのではないだろうか「うんこビル」。↓これである。

company_promotion_1.jpg

 ていうか、ネットで検索しても「うんこビル」ばっかり出てくるのである。「アサヒビール ビル 向島」とかで検索してもピンと来るものがヒットしないのである。それでいいのかアサヒビール。

 高速バスには外国人が乗ってることも多いが、あれは彼らにも、うんこに見えるようである。前に外人さん2人組がうんこビルを指さして爆笑しているのを見たことがある。うんこは万国共通なのである。うんこに国境はない。うんこは地球を救う。

 考えてみると、これはスゴイことである。古今東西老若男女を問わずうんこを想起させるオブジェ。ひょっとしたら火星人だってうんこを想起するかもしれない。こんなユニバーサルなうんこオブジェを創造した人間はタダ者ではないはずである。もしかしたら火星人かもしれない。

 オレは、このオブジェをデザインした人間(もしくは火星人)について調べてみた。なんと、このうんこオブジェをデザインしたのはフィリップ・スタルクというフランスの有名デザイナーだそうである。

 そいでもってこのオブジェ、モチーフはうんこではなく「炎」だそうである。えー、そりゃないよムッシュ・スタルク。あれが炎ってことはないでしょ、って思ったら、そもそもあれは本来縦に置くデザインだったそうである。だけど建築なんとか法の規制で縦置きできず、仕方なく横置きしたそうである。これにはスタルクも焦ったであろう。

助手「スタルク先生!大変です!」
スタルク(以下PS)「どうしたジャン」
助手「例の日本のビール会社のオブジェの件ですが…」
PS「あれなら完成済のはずだが」
助手「それが、日本の法律であのオブジェを縦に置くことは出来ないそうです」
PS「なんだって!そりゃ参ったな」
助手「日本の担当者は横向きに置くことは可能だと言ってますが…」
PS「やむをえん、横置きで行こう」
助手「しかし、実は横置きにも問題が…」
PS「どうした」
助手「うんこです」
PS「は!?」
助手「あのオブジェを横置きするとうんこにしか見えないんです」
PS「なんだって…!どれ、ああ本当だ。なんてこった」
助手「どうしましょう」
PS「…ちょっと待て。日本人も、これを見てうんこを想像するのかな?」
助手「と、言いますと」
PS「聞くところによると、日本の漫画ではうんこはソフトクリームのような形状をしているそうじゃないか」
助手「はあ」
PS「つまり、日本人にとって、うんこ=ソフトクリームという図式が出来上がっているとは考えられないだろうか」
助手「その可能性は十分ありますね」
PS「よし!それでいこう。よく見たらあのオブジェ、ビールの泡に見えなくもないしな」
助手「わかりました」

そんでビルの落成式典に招待されてアサヒビールのお偉いさん達と歓談したりして

社長「いや~ムッシュ・スタルク。さすがあなたのオブジェは素晴らしい。ビールの泡のようでもあり、炎のようでもあり(ていうか、うんこに見えるけど)」
通訳「ほにゃららへにゃららふにゃらら(…うんこ…!?)」
PS「おほめいただいて光栄です(うんこなのに…)」
社長「どうだい専務(うんこに見えるかい)」
専務「いやまさに(うんこの)芸術としか言いようがありませんな」
通訳「ほにゃららへにゃららふにゃらら(…だからうんこだって)」
PS「いやいや、はっはっは(うんこなのになあ…)」
社長(やっぱうんこだよな…)
専務(うんこ…)
通訳(うんこ…)
PS(うんこ…)
観客(うんこ…)

 こんなやりとりがあったかどうかは知らない。

雑文

|

« 【波照間旅行記19】数字の魔術師 | トップページ | 【波照間旅行記20】Hello, Goodbye »

コメント

こんにちは。
理屈はいらないってやつですね。
越前屋俵太さんの笑いに通じるものがあるなぁと思ったりしました。

投稿: Ageha | 2004.09.14 22:58

所詮日本人だろうがフランス人だろうが、アメリカ人だろうがみんなうんこするんですものね。
アサヒビールの戦略か分かりませんが、あれを縦に置いてたらなんとも意味の無い風景になったに違いありません。
まぁどう見たってあれがビールの泡とは思いませんものねw

投稿: kuro | 2004.11.27 02:41

はじめまして。
私も「アサヒビール う○こ」で検索してこちらにたどりついた口です。
いやはや大笑いしました。
ついでに文中でリンク&TBさせていただいた次第です。

投稿: えーこ | 2005.05.05 21:41

初めまして。うんこビルで検索し、たどり着きました。思うイメージは世界共通ですね。子供のころ、あれはキングコングのう○こかゴジラの○んこかで友達と議論した覚えが・・・。大人になった今も謎でしたが炎だったとは!!炎にも泡にも雲にも見えない。

投稿: | 2011.04.09 14:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42985/1436869

この記事へのトラックバック一覧です: 王様の耳はロバの耳:

» う●こに火をつけて [ほぼ日刊【冬ブログ】]
David Cross Band のライヴを観たアサヒ・アートスクエアなる会場には初めて行きました。アサヒ・スーパードライホールという建物の4階だったので、これはライヴ前に美味しいビールが飲めるに違いないと思いました。何せ先日サントリーの武蔵野工場に行って、出来たてのモルツを飲... [続きを読む]

受信: 2005.04.30 11:43

» ビール会社&う○こオブジェ [easygoing blog]
このタイトルから向島にあるアサヒビールのビルを思い浮かべた方、 正解です。 あのインパクトあるオブジェ、すごいですよね。 ご存知ない方はこちらへどうぞ。 そしてご存知な方もやはりこちらへどうぞ。 いやー、意外な由来があったもんですね。 フィリップ・スタルクデザ..... [続きを読む]

受信: 2005.05.05 21:35

« 【波照間旅行記19】数字の魔術師 | トップページ | 【波照間旅行記20】Hello, Goodbye »