« テツとの遭遇 | トップページ | TRAIN TRAIN »

2004.10.17

COVERS/RCサクセション

COVERS
H32K20125/1988.08.15

01. 明日無き世界
02. 風に吹かれて
03. バラバラ
04. シークレット・エージェント・マン
05. ラヴ・ミー・テンダー
06. 黒くぬれ!
07. サマータイム・ブルース
08. マネー
09. サン・トワ・マ・ミー
10. 悪い星の下に
11. イマジン

 それは昼休みの校内放送だった。1988年、オレは高校1年だった。それまであまり熱心に音楽を聴いたことオレにとって、音楽とはチェッカーズや中森明菜、すなわちテレビの音楽番組に出てくるアイドルが全てだった。マイケル・ジャクソンのLPをカセットに入れてウォークマンで聴いていた同級生のT君が大人びて見えた、そんな頃だった。

 たぶん9月のある日、昼休みの校内放送で当時発禁騒動で話題になっていたRCサクセションの「COVERS」が流れたのだ。

 びっくりした。こんな音楽があったのかと思った。テレビで見る歌手のそれとは明らかに異質の歌声、しかしそこからあふれ出るパワーはものすごく、「世界が破滅するなんて嘘だろ」「牛乳が飲みてえ」等、メロディと不思議な一体感を持つ歌詞がビシビシと16歳の少年の心に突き刺さっていった。それは、今まで聴いたどんな音楽とも違っていた。まあ、「COVERS」の楽曲はみなスタンダードなロックナンバーの「替え歌」だったのだが、それを知るのはもうちょっと後だった。

 オレは早速貸しレコード屋に飛んでいった。当時まだCDは普及し始めたばかりで、「レンタルCDショップ」ではなく「貸しレコード屋」だった。とはいっても、ウチにはステレオが無かったので、カセットテープ版の「COVERS」を借りた。小6か中1の時に買ってもらったラジカセでテープをダビングして、毎日毎日それこそテープが擦り切れるほど聴いた。

 「明日無き世界」の「世界が破滅するなんて嘘だろ」っていうフレーズは何度聴いてもハラハラするような緊張感があった。素直で良い子のオレは、この曲を聴くと政治家がみんな悪い奴に思えてきた。「黒くぬれ!」や「悪い星の下に」のドヨドヨした感じも好きになった。「マネー」はBeatlesが歌ってるやつを聴いたことがあったが、RCの方がだんぜんカッコいいと思った。ドロドロした感じの「悪い星の下に」の後、最後に「イマジン」を聴くと、それまでのモヤモヤした感覚が空に突き抜けていくような気がした。

 たぶん当時はそんなことを考えたと思う。これを機にオレは以前より多少めじめに「ロック」音楽を聴くようになった。

 「COVERS」はそんな個人的な転機のキッカケになったアルバムなんだけど、たぶんRCサクセションというバンドにとっても大きな転機となる1枚だった(ハズ)。ニュースにも取り上げられ社会的騒動となった「COVERS」の発売禁止騒動で清志郎についていけなくなった梅津和時が翌89年からツアーに参加しなくなり、90年にはG2と新井田耕造も脱退して結局バンドは解散状態になってしまう。ファンには複雑な思いがつまった1枚。

 おそらく多くのコアなRCファンは今やもう「COVERS」なんて聴いてないと思う。でも、オレは今でも時々聴いてる。で、いま聞いてもあんまり古さを感じないんだよね、これ。よく「音が悪い」と言われるRCのレコードの中では、「Baby a Go Go」の次に音がいいと思う。桑竹伊祐(=桑田圭祐)、山口富士夫、ジョニー・サンダース、三宅伸治、泉谷しげる、坂本冬実、高井麻巳子等、多くのゲストミュージシャンも参加していて、かなり一生懸命つくった感じがうかがえる。話題性もあって、RCのレコードでは唯一オリコン1位を記録した。オレの記憶が確かなら、88年のベスト・ロックアルバムに挙げた音楽雑誌もあった。

 と、いうように、この1枚のロック・アルバムをめぐっていろんな騒ぎが起こって、そしてそんな騒ぎのことはみんなすぐに忘れ去っていった。それから16年。オレの年齢は2倍になった。だけど、相変わらず世界中はバラバラ、あちこちで大砲の弾が破裂している。原子力発電所では金属疲労で事故が起っている。国境のない世界なんて夢のまた夢。「COVERS」で歌われたメッセージは16年経った今も痛切に響く。時事ネタのようだったけど、普遍的なテーマ。

 とにかく、オレの人生で忘れられない1枚なことは間違いない。

ロックな日々

|

« テツとの遭遇 | トップページ | TRAIN TRAIN »

コメント

ワタナベ。さん、はじめまして、こんばんは。
ちとからノートのmisakoです。
甲州街道はもう・・・、トラックバックありがとうございます。

私がRCを聴きはじめたのも高校時代でした。
COVERSも最近またときどき思い出したように聴きたくなって聴いてます。
「黒くぬれ!」なんか聴いてると血が騒ぐと申しましょうか。
これからも記事の方楽しみにしています。

投稿: misako | 2004.10.19 23:00

初めまして。
TBありがとうございました。
RCは最高ですよね。
これからもよろしくお願いします。

投稿: coelacanth0707 | 2004.10.21 21:48

初めまして。「子猫の育て方」調べていたら「甲州街道・・」という懐かしい曲名に目がとまってよく分からないまま進んでたどり着きました。私が中3の頃、きっかけはエースコックのタイマーズのCMで清志郎の声に本気ではまり、少ないお小遣いでCDとか買うお金はないので全てレンタルでテープに取り、何件もレンタルショップをはしごしてRCのアルバムを揃えていました。もともとCOVERSは兄が持っていたので何度も何度もよく聞きました。
特に風に吹かれてとかサマータイムブルースが好きでした。
私の年代ではRCを知っている人の方が少なくて分かってくれる人がいなくて寂しい思いをしました。

投稿: tenten | 2004.10.23 21:21

はじめまして。
ランチ日記の方からきてみました。
いまでも戦争のニュースとか見ると「明日無き世界」を鼻歌で歌ってしまいます。

投稿: Chimay | 2004.12.18 10:02

RCで検索してフラーっとたどりつきました。
COVERS懐かしい!!
ひさびさに聴いてみようかな

投稿: みゆき | 2005.06.07 09:17

RCのファン暦20数年の者です。
昔、RCコピバンをやってました。
それいらい何かとバンドには縁があっていままでなんとなくバンドがつづいていたりします。
もう40なのに。
それでRCコピバンドを40近くのオヤジ連中で
やろうかと思ってます。
清志郎のボーカルできる人いませんかね。

投稿: チャンスは今夜 | 2005.06.19 16:16

はじめまして!
今年の12/29にKOBEのライブハウスで久しぶりにRCの「雨上がりの夜空」をするのですが、バンドスコアーを探しているのですが一向に見つかりません。どなたか持っている方がおられましたら、ぜひともお願いします!

投稿: フクちゃん | 2005.10.13 17:32

ここで特集やってますよ!
http://www.ongen.net/

投稿: 銀紙 | 2005.10.20 10:36

はじめまして♪
初期のRCファンです。
1974年の(まだ生まれてなかったですか?)ライブについて書きましたので、トラックバックさせていただきますね。
どうぞ遊びにいらしてください。

投稿: Rainbow | 2005.10.30 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42985/1704006

この記事へのトラックバック一覧です: COVERS/RCサクセション:

» 『素晴らしすぎて発売できません。』 [シーラカンスの憂鬱]
これまで全然興味が無くて、どちらかと言えば【嫌いな方】だったものが、 ある何かのきっかけで、だんだん【好き】になってしまった! …という経験はありませんか? 今... [続きを読む]

受信: 2004.10.21 11:30

» (Just Like) Stating Over - The John Lennon Collection - [会社員日記]
今日はジョンの命日ということで。 わたしがジョン・レノンを最初に聞いたのは、RC... [続きを読む]

受信: 2004.12.18 09:56

» RCサクセション  1974年2月19日 ジャンジャン [レインボウグラフィティ]
渋谷駅から渋谷公園通りをNHKに向かう途中にジャンジャンという小さなライブハウスがありました。 山の手教会の地下。 かつてアコ-スティックギターとアコースティックベースの三人組だったRCサクセションが毎月のようにそこ、ジャンジャンでライブをしていました。(確か... [続きを読む]

受信: 2005.10.30 08:10

« テツとの遭遇 | トップページ | TRAIN TRAIN »