« 欲求 | トップページ | 2004年のクリスマス »

2004.12.26

SILENT NIGHT/忌野清志郎

 SHIBUYA-AXで行われた清志郎のクリスマスライブに行った。実はAXは初めてだったけど、想像していたよりも狭くて、チケットの整理番号は遅くて後ろの方だったけど、結構ステージが近くてよかった。

 開演予定時刻の6時を10分ほど回ったところで客電が消えて開演。真っ暗なステージ上に置かれたクリスマスツリーの電飾が灯る。そしてバンドのメンバー登場。出だしはやっぱり「KINGのテーマ」だ…と思ったらクリスマスってことでホーンセクションのフレーズが「ジングルベル」にアレンジされてた。曲が終わってMCのアオリの後、三宅がギターを弾き始める。このリフは…「MIDNIGHT BLUE」だ!ホーンも加わってゴージャスな感じのイントロだ。するとステージ左手からトナカイの着ぐるみを着た人が3人ほどソリを引いて現れた。ソリの上には巨大なプレゼントの箱が乗っている。清志郎がこの中に入っているのだろう。ソリの後方にはサンタもいて、ソリがステージ中央まで移動したところでプレゼントの箱をオープン!中から白の派手なスーツの清志郎が登場!執事とサンタとトナカイを引き連れてながらステージを歩く。AX、音がいい。特に三宅のテレキャスがいい音してた。ホーンやキーボードとのバランスもよかった。もうちょっとバスドラムの迫力があってもよかったかなと思ったけど。

 「MIDNIGHT BLUE」の後はおそらくやるんじゃないかと思ってた「ダーリン・ミシン」。お、ひょっとして次は「トランジスタ・ラジオ」かなと思ったら新曲。ソウルっぽくてカッコいい曲だったけど、清志郎がチラチラ下を見ながら(カンペ?)歌ってたのがちょっとどーかなと思った。そして「胸がはりさけそう」で最後に倒れこんでまだ5曲目なのに早速マントショー。曲の終わりで三宅とドラムの宮川がアイコンタクトしてたので、あ、今度こそ「トランジスタ・ラジオ」だなと思ったら、そのとおりハイハットのカウントからガキーンってイントロがキター!で、「トランジスタ・ラジオ」で盛り上がったあとは新曲とか新しめの曲を連発。「サイクリングブルース」の前に、清志郎が『来年は「GOD」ってアルバムを出します。KINGの次はGODです。来年からはGODと呼んでください。』という感じのMC。さらに、『来年に向けて練習しよう』と言って、客と「ゴッド~」「やあ」「ゴッド~」「なんだい?」とかわけわからんやりとり。で、「ラクに行こうぜ」の最後またマントショーで清志郎はいったんステージ袖に引っ込む。

 三宅コーナーはクリスマスの曲を2曲。「Run Rudolph Run」はチャックベリーのカバーだけど、「サンタは本当にいるんだ!」ってのがよかった。

 三宅コーナーが終わったところで、三宅が「鶏肌」のイントロを弾き始める。来年は酉年だからか?それから「お墓」。おお~初めて聞いた。さらに「スロバラ」「指輪をはめたい」とバラード連発。このへんよかった。

 で、これもやるんじゃないかと思ってた「Sweet Soul」と「White Christmas」のメドレーに、「ドカドカ~」「雨上がり~」と盛り上がりソング連発。「雨上がり~」では間奏のあと歌に戻らずに、「ナーナナナナー」とか「ブーダカダカダカ」とか客とコール&レスポンスが挟まれた。で、最後は「低空で飛んでる鳥なんかヤキトリになっちゃうくらいアツいラブソング」の「Baby何もかも」。マントショー+布団ショーに加え、今夜はコタツにミカンで団欒ショー?まであった。ご丁寧に和服のおばさんまで登場しコタツに入ってミカン…。それってクリスマスじゃなくてお正月じゃん、と思いつつ本編終了。アンコールもおなじみの曲に売りだし中の「JUMP」、最後はイマジンを弾き語って終了。

 とにかく音が良くて(特にギター)、バンドの演奏と清志郎の歌を堪能できた。満足。

 あ、でも、スタンディングのライブなのに履いていく靴の選択を誤ったので、中盤から足が痛くなり、ライブ終了後は足に激痛が走って困った。一歩一歩歩くたびに足に激痛が走るというまるで人魚姫の気分。


セットリスト
2004.12.25 at SHIBUYA-AX
忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS
(Vo.忌野清志郎, G.三宅伸治, B.中村きたろう, Key. 厚見玲衣, Dr.宮川剛, A.Sax.梅津和時, T.Sax.片山広明, Tp.渡辺隆雄)

01. KINGのテーマ
02. MIDNIGHT BLUE
03. ダーリン・ミシン
04. Remenber You (?新曲)
05. 胸がはりさけそう
06. トランジスタ・ラジオ
07. God(新曲)
08. サイクリングブルース(新曲)
09. イヤシノウタ
10. ラクに行こうぜ
11. 今宵はクリスマス (?Vo,三宅)
12. Run Rudolph Run (Vo.三宅)
13. 鶏肌
14. お墓
15. スローバラード
16. 指輪をはめたい
17. Sweet Soul Music ~ White Christmas
18. ドカドカうるさいR&Rバンド
19. 雨あがりの夜空に
20. Baby何もかも
EN1
01. WANTED
02. 上を向いて歩こう
03. JUMP
EN2
01. イマジン (弾き語り)

ロックな日々

|

« 欲求 | トップページ | 2004年のクリスマス »

コメント

中学でステップを歌う清志郎をヤングohohでみてから30年以上が過ぎてしまいました。そして、初めてRCを生で見たのは、マービーを発売した後の渋谷公会堂でした。1曲目のミッドナイトブルーからぶっ飛んでしまい。それからでも既に20年以上が経ってしまったのですね。清志郎は、僕に人生において、最も影響を与えられた人物です!二人の子供の親になって、腹も出てきたきたけど、今でもキヨシロウは、最高にかっこいい!久しぶりに生で見てみたくなりました。良いHPですね。続けてください。

投稿: ケイ | 2005.01.30 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42985/2381071

この記事へのトラックバック一覧です: SILENT NIGHT/忌野清志郎:

» クリスマスは終わってないぞーー [浮き沈みの毎日]
THE KING OF LIVE 12/25 渋谷AXで忌野清志郎のLIVEです。 ステージには、クリスマスツリー、トナカイやサンタも登場し、クリス... [続きを読む]

受信: 2004.12.26 19:07

» ライブ納め [* LIVE is...]
Merry Cristmas!忌野清志郎クリスマスライブでAXへ。 ドカドカうるさいクリスマス。楽しかった。ジーンとした。KINGがGODになった。三宅さんの... [続きを読む]

受信: 2004.12.26 23:02

« 欲求 | トップページ | 2004年のクリスマス »