« アイラブ困ったさん | トップページ | ツアー2005「サンボマスターは君に語りかける」追加公演 »

2005.03.26

梅津和時 プチ大仕事2005 CHABO&UMEZU

 3月23日、新宿PIT INNで行われたチャボの今年最初のライブを観に行ってきた。

 チャボのライブといいつつ本当は梅津和時の企画なのだが。これは毎年やってるらしい「プチ大仕事」という企画で、チャボは3年ぶり3回目の登場。で、オレはこのライブ初めて。会場は「ジャズの殿堂」新宿PIT INN。初めてのライブハウスで、楽しみ。

 今回ひとつ楽しみだったのが、カースケこと河村智康がドラムを叩くってこと。現在活動休止中?のCHABO BANDのドラマーだ。ベースはもちろん早川岳晴なので、チャボ+早川+カースケの“75% CHABO BAND”というメンツが揃う。

 オレはチケットの整理番号が結構よかったんだけど、イス席には座れなくて(イスは早く入った人が友達の分まで席取りしちゃうので…)ステージ正面、立ち見の最前列に陣取った。うおーはやくやれー。

 開演。まず梅津さんがひとりで登場。「チャボは非常に緊張してまして…」と言いつつ、「PIT INNはジャズの殿堂ですから、失敗はできませんね」「エフェクター関係の調整とか大丈夫でしょうか?不安ですね」とかチャボの緊張をあおるセリフで笑いを誘う。で、梅津さんの紹介でチャボ登場。グラス片手にタバコをふかしながらステージに上がる。うお~カッチョいい~。

 チャボは最初チェットアトキンスモデルを手に、梅津さんと2人で2曲ほど。カースケと早川を迎え入れ、チャボもグレコ仲井戸モデルに持ち替えてバンドの形態に、と思ったら、カースケがチェットアトキンス弾きながら足でバスドラム叩くという芸を見せ、フォルクローレっぽいインスト。

 ここまでは落ち着いた感じだったけど、チャボがストラトに持ち替え、カースケも本職のドラムを叩いて「男もつらいよ」が始まったらもう、バンド~!って感じ。チャボのカッティングに梅津さんのサックスがかぶさると、なんだか気分はほとんどRCサクセション。そうなんだよなあ。清志郎のライブ行ってもRCを感じることはなぜか無いんだけど、チャボのライブでは時々、「あ、これはRCサクセションだ!」って感じる瞬間があるんだよなあ。なんでだろ?しかもこの日は、チャボがやけに「RC」「清志郎」って単語を口にして、もうオレなんかそのたびにドキドキ。なんか、チャボが「RC」って言うのを聞くと、清楚な女性が淫猥な単語を口にしたのを聞いたような、「ああ、聞いてはいけないものを聞いてしまった。でももっと聞きたい」みたいな妙な興奮をおぼえるんだけど…。

「(トロンボーンを持ち出した梅津さんに)あれ?それRCのとき使ってたっけ?」
「(梅津さんの孫の話に)清志郎に子供ができたときは、なんかそれまで一緒に遊んでたやつが急に社会性を帯びたような感じでショックだったんだけど(笑)」
「これは俺がRCに在籍してたときに出した『絵』っていうアルバムの曲なんだけど…」
「カースケはどこの生まれ?」「日野です」「それはあれだね、RCの匂いだね。忌野君と一緒だね」
「(ヒッピー・ヒッピー・シェイクの間奏で梅津さんを押し倒すパフォーマンスをし、曲が終わった後)いや~往年のRCサクセションのようだったね。あれは清志郎の役割だったけど…」

 そしてトドメはなんと言ってもアンコールでチャボが叫んだ「もう一発イクかい!?」

 ああもうなんか体中からいろんな体液が出そう。


 そんなわけだが(どんなわけだ)、演奏した曲は予想に反しカバー曲が多かった。不勉強なオレはそのオリジナル版を知ってる曲が1曲なかったので、純粋に新曲をいっぱい聴いた感覚で楽しめた。まあ、チャボの場合カバーといっても詩はチャボがつけた日本語詩なので、オリジナルといってもいいようなものだけど。「運が良けりゃ」はサビが覚えやすくて、ノリもよくて楽しい感じ。「キャラバン」は子供の頃の記憶にある「映画自動車」をモチーフにした詩で、同世代の梅津さんに「なあ梅津さん、あれは一体なんだったんだろう?」って歌の中で呼びかけるのがチャボっぽくてよかった。で、特に印象的だったのが、ザ・バンドの「トワイライト」。「夕暮れに俺を一人にさせないでくれ」ってサビをチャボと早川でハモるとこがカッチョよかった。あー、いいよ早川。いい。どのカバー曲も、チャボの世界にがっちりハマってる。

 梅津さんも、アルトサックス、ソプラノサックスはもちろん、クラリネット、トロンボーン、ピアニカ、ピンホイッスルにアコーディオンまで演奏して、どれもハマっててよかった。で、やっぱりエレキをかき鳴らす(弾く、ではなく)チャボはメチャクチャかっこいいなあ。あらためてホレ直した。カースケのドラムもよかった。CHABO BAND復活してくれないかなあ。


セットリスト
2005.03.23 at 新宿PIT INN
梅津和時 プチ大仕事2005 2005年の邂逅。CHABO&UMEZU
梅津和時(Sax,Cl)、仲井戸"CHABO"麗市(Vo,G)、早川岳晴(B)、河村"カースケ"智康(Ds)

01. 再会 (CHABO&UMEZU)
02. チョコレートの唄 (CHABO&UMEZU)
03. 鼻歌(?カバー)
04. ふくろう(アルタン、インスト)
05. 男もつらいよ
06. ホーボーへ
07. Twilight (The Band)
08. ポイ・ポイ (?カバー)
09. 運がよけりゃ (映画マイ・フェア・レディ)
10. ホームタウン
11. I want to see the bright light city (リチャード・トンプソン)
12. アルコール (キンクス)
13. In the neighborhood (トム・ウェイツ)
14. 太陽に唄って (ポエトリーリーディング)
15. CARAVAN (ヴァン・モリソン)
16. lainのテーマ (インスト)
17. ヒッピー・ヒッピー・シェイク
18. ガルシアの風
19. 久遠 (CHABO&UMEZU)
EN
01. メンバー紹介BLUES
02. Fox, trot
03. 早く帰りたい
04. 働き蜂
05. ホーボーズ・ララバイ (CHABO&UMEZU)

■リンク
cafe HENDRIX
ウラKAN
RCサクセション、ストリートスライダーズ、SIONとか、とか。


ロックな日々

|

« アイラブ困ったさん | トップページ | ツアー2005「サンボマスターは君に語りかける」追加公演 »

コメント

Arabaki Rock Fest.なるイベントがあるの、わたしは今日始めて知ったのですが、清志郎と麗欄が同じ会場でやるみたいですね。すごいですね。

投稿: Chimay | 2005.04.06 00:13

トラックバックありがとうございます。
メンバー見ただけでゾクゾクします。
行けなかったものにとっては、嬉しいレポートです。

投稿: gittira | 2005.04.08 07:39

トラックバックありがとうございます。
あの日のライブは本当にサイコーでしたね。
「清志郎」という言葉を、CHABOが何度も口にしているのを聞くのは
私もすごくドキドキしちゃいました。
でも、次は40周年なんでしょうかね?

投稿: KANN | 2005.04.12 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42985/3440601

この記事へのトラックバック一覧です: 梅津和時 プチ大仕事2005 CHABO&UMEZU:

« アイラブ困ったさん | トップページ | ツアー2005「サンボマスターは君に語りかける」追加公演 »