« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.29

注射の日

 昨日は我が愛猫くーちゃん(♀、ロシアンブルー、2才)の予防注射の日なのだった。

 くーちゃんを外に連れ出す際はキャリーバッグに入れていくのだが、最近くーちゃんはキャリーバッグに入れようとすると頑なに抵抗する。昨日もさんざん逃げ回るのを捕らえて無理やり押しこめた。バッグに入れた後も「にゃー」ってイヤイヤぶりをアピールするくーちゃん。

 で、車で10分ほどの動物病院に連れていく。この日はなんだか大繁盛で、待合室にはたくさんの犬がいた。待合室だけじゃなく、外で待ってる犬もいる。この外の犬がさかんに吠えていて、くーちゃんは硬直状態。そう、くーちゃんはテツ(うっしーの実家の犬)のせいで、犬が苦手なのだ(このへん参照)。

 30分くらい待たされて診察室に入る。キャリーバッグを開けて出そうとすると、入るときはあんなにイヤがっていたくせになかなか出たがらない。それでもバッグから出して診察台の上に載せてやると、もうビビって腰抜け状態。先生に触診されてもなすがまま…って感じ。お尻に体温計刺されたときはちょっとイヤそうだったけど、基本的に診察台の上でおとなしく硬直してるくーちゃん。先生に「おとなしくていい子ですね」と言われてしまう。「ビビって動けなくなってるだけですよ」と謙遜しておく。「でも、怖がって暴れて逃げ出しちゃうネコちゃんもたくさんいますから」とか言われちゃって、くーちゃん、いい子ぶりっ子。

 本日のメインイベントの注射(2本!)にはビクともせず、難なく終了。診察台から下ろすと、キャリーバッグにスタコラと入ってしまう。

 家に帰ったら、ママ(うっしー)がご褒美に焼カツオのレトルト(猫用)のご飯をくれた。とりあえず美味しいもの食って満足したようなので、めでたしめでたし。

我が愛猫との日々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.26

花婚式

050526_214901 今日は4回目の結婚記念日なのだった。

 で、ネットサーフィンしてたらこんなページを見つけた。文中にこのページへのリンクがあるんだけど、結婚記念日、いろいろ名前がついてるらしい。銅婚式、銀婚式、金婚式あたりは有名だけど、ほかにもいろいろあったんだ。なんだか、4年目は「花婚式」というらしい。ちょうど花束(写真)あげたしちょうどいいか。

 ちなみにこのページは各結婚記念日の名称、意味、プレゼント例なんかが一覧になっていて大変便利。いやねすごい便利なのよこれが。だってさ、最初の結婚記念日(1年目)は、「紙婚式」で、プレゼント例が「アルバムなど紙製品」だよ。なんてこった!オレなんか最初の結婚記念日にダイヤモンドの入ったネックレスあげちゃったよ!!さらにちなみにプレゼント例が「ダイヤモンド製品」になるのは結婚60周年!しまった、時代を先取りしすぎたよ…。

 と、ここまで書いたところで、うっしー(ヨメ)から、「1年目にくれたネックレスのダイヤは虫眼鏡じゃないと見えないようなちっちゃいやつじゃないか。ここで言ってるダイヤモンドはもっと何カラットもあるおっきいやつのことだよ!」

 おっとしまった。しかしこの表、結婚25周年以降は5年おきに装飾品をプレゼントしなきゃいけなくて、しかも、銀、真珠、珊瑚、ルビー、サファイヤ、金、エメラルド、ダイヤモンドとどんどんインフレしていくぜ!やばいぜ!

 まあいいや。先のことは後で考えよう。ところでこの表、8年目の「ゴム婚式」のプレゼント例が空欄になってるけど、何をあげればいいんだ。やっぱ「ゴム製品」かな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.24

「モー娘。」特許権侵害か

【臨時ニュース 2005年5月24日】

 ブログ「ワタナベ。日記」の主宰者であり、うっしー(ヨメ)の実家が千葉県松戸市であることから松戸に縁が深い科学者として「松戸サイエンティスト」を自称するワタナベ。博士(32)は24日、ネーミング方法に関する特許権を取得していたと発表した。関係者によると、人気アイドルグループ「モーニング娘。」もこの特許に抵触する可能性があるという。

 問題となる特許は、「命名方法」というもので、1997年4月1日に出願され、審査を経て今年の4月1日に特許権の設定登録がされた。特許番号はUSO800(以下この特許を「800番特許」と記す)。800番特許は、グループ名や人名などの名前の末尾に句読点をつける命名方法を対象にするもので、名前から受ける第1印象を愛らしいものにするという効果を有する。「モーニング娘。」をはじめ、「ミニモニ。」「カントリー娘。」などハロー!プロジェクトのアイドルグループは軒並み800番特許を侵害するという。

 ワタナベ。博士は既にハロー!プロジェクト側とライセンス交渉を開始している模様だが、関係者によると、ワタナベ。博士がライセンス供与の対価として、「オレをモー娘。のバックバンドに入れろ」と要求しているため交渉は難航しているという。

<特許権侵害に詳しい磯野勝男弁理士(12)の話>
 「モー娘。」が800番特許を侵害しているのは明らかだ。モー娘。が特許権侵害で提訴されるかどうかはライセンス交渉にかかっている。ちなみに「つんく♂」の「♂」は句読点ではないので、「つんく♂」は800番特許を侵害しないが、「本田美奈子.」は侵害と判断されるだろう。「つのだ★ひろ」もたぶん大丈夫だろう。

<ワタナベ。博士のコメント>
 独身時代は、毎朝起きたら「ザ・プチモビクス」を見るのが日課だったこともあり、争いは本望ではないのだが、私はこの特許権に関する研究に7年の歳月と私財7500円をなげうっており、自分の研究成果を正当に評価して欲しい気持ちもあり複雑な心境だ。

雑文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.16

こないだの朝、うっしー(ヨメ)が、

「昨日すっごい面白い夢みたんだ。もう冒険ファンタジーもので、本にしたらハリー・ポッターの次くらいに売れるベストセラーになると思うんだけど」

と言うので、それはどんな内容だったのか聞いてみると、

「それが、覚えてないんだよねえ」

そうなんだよなあ。夢って思い出せないよなあ。オレもときどき、「おおっ、いまスゲーおもしれー夢みてたぜっ。これはネタになるぜ!!」とか朝目覚めた瞬間にそう思うことがあるんだけど、いざ文章にしようとすると、どうもはっきりと思い出せない。「夢日記」っていうブログ作ろうかという構想はあるんだけど、夢を思い出せないのでなかなか実現されない。今度まくら元にメモ帳でも置いとくか。

夢といえば、子供の頃、1年に1回くらい同じ夢(と、思う)を繰り返し見ていたことがあった。途中はよく覚えてないんだけど、ラストシーンで、当時住んでた社宅の庭にあった砂場から宇宙戦艦ヤマトが飛び立つっていう壮大な?夢。たしか25歳くらいのときにもこの夢を見て、朝起きてえらいビックリした気がする。いつか、この夢を記録に残して後世に伝えたいという野望があるんだけど。

で、冒頭の話とは、別の日、うっしーがとてもツラそうな顔をしてオレに話しかけてきた。

「昨日すっごい辛い夢みたんだけど」

「何の夢?」

「デスノートにひとの名前書かされる夢」


…うちの奥さんは善人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.14

見えないお洒落

 久しぶりの更新になってしまった。

 いろいろ書きたいネタのかけらくらいは思いつくのだが、なかなか完成まで至らない。これはスランプか?

 このブログは基本的にうっしー(ヨメ)の検閲を受けているし、会社の人で見てる人も少なからずいるようなのでウカツなこと書けないというのもある。そう、オレは日々ウカツなことを考えている。例えばこんなふうに。


 見えないお洒落、というのがある。

 他人から見えないところのお洒落に気を遣うのだ。例えば、女性がお洒落な下着を身に着ける。その女性の下着を目にすることができるのは、たぶん、いたとしてもひとり。多くの人間にとって、その女性がどんな下着を着けているかは大した問題ではない。実際に目にすることはないのだから。

 ちょっと前に、見せる下着みたいのが流行った(と思う)。ブラジャーのストラップを見えてもいいようなカワイイやつに付け替えて、ファッションの一部としてストラップが見えるように着る。普通のブラジャーのヒモが見えてると、本人も他人も困ってしまうが、見せる下着なら本人も他人も困らない。それは見せるためのものだからだ。

 これを男性にも応用したらどうだろう。ま、ゆるゆるのズボンをずり下げて履いて、トランクスのゴムの部分を出す、みたいなファッションもあった(今もあるのか?あれ)が、あんなのは甘い。トランクスやブリーフにお洒落なガラをつけて、「見せる下着」にするのだ。これをどうやって見せるかというと、そりゃ、ズボンのチャックを開けるしかあるまい。

 朝起きて、歯を磨く。ヒゲを剃り、顔を洗う。Yシャツにスーツを身につけ、ネクタイを締める。おっと、忘れちゃいけない。チャックは開けておかなくちゃ。今日は「見せる下着」を着てるんだからな。…ってな感じで。ネクタイとトランクスのガラを合わせてコーディネートしてみたりして。会社の女性に「ワタナベ。さん、ネクタイとトランクスのコーディネートがキマってますね♪」とか言われたりして。そしてなにより、トイレの後チャックを閉め忘れても平気っていう何物にも代え難いメリットがあったりして。

 しかしまあ実際のところオレは、見えるところのお洒落にすらほとんど気を遣わない人なので、万が一サラリーマンの間でこのようなファッションがブームになったとしても、そのブームには乗らないと思う。チャックを閉め忘れても平気、という点には多いに心惹かれるが…。

 なにしろオレは、「なんでワタナベ。はいつもパンツを裏表逆に履いてるのか?」とうっしーによく怒られる。オレは反論する。いつもじゃないよ。裏表逆に履いてるのは「いつも」じゃない。パンツは裏か表か2つにひとつ。だから、パンツを裏表逆に履く確率は1/2だ。洗濯後のパンツが表になっている事象と、裏になっている事象とは同様に確からしいのだから。要するに、パンツを裏表逆に履いてるのは、平均すると2日に1回のはずだ。

 …などともっともらしい言い訳をしたら、「子供じゃないんだからちゃんと裏表を確認してから履け」とさらに怒られた。おお、妻よ、君の言うことが一番もっともらしい。

雑文

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »