« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.19

【旅】真壁町のひなまつり

この土曜日、オレの両親を連れて、うっしー(ヨメ)とともに、真壁町(茨城県桜川市)のひなまちゅり、じゃなくて、ひなまつりに行ってきた。

真壁って元々「石と蔵の町」とかいって江戸時代からの古い街並みが有名だったらしいけど、4年前から、「真壁のひなまつり」といって、商店や民家がいっせいに雛人形を飾って見せるという町興しのイベントをやってるらしい。

真壁というところは鉄道が通っていないので、交通の便がなかなか不便なのだが、実はつくば市と隣接していて、車で1時間もかからずに着いてしまうということが今日判明した。近いぜ。

真壁町のホームページで、「駐車場は真壁支所が便利」と書かれていたので、カーナビで真壁支所(旧真壁町役場)を目標にセット。道のりは簡単で、真壁に近づくと「ひなまつり駐車場→」みたいな看板も出てきた。ま、ここまで来りゃナビよりも看板の方が信頼度が高いだろう、ってことで看板をたどって真壁支所へ。

…が、真壁支所の入り口にはおじさんが立ってて、「駐車できませんよー」。だってホームページにも看板にもここが駐車場だって出てんじゃんよー!!と、微妙に怒りをおぼえつつも、オトナの対応で「すいません駐車場はどこにありますか?」。すると、今来た道をだいぶ戻って反対側に行けと言う。真壁支所に駐車できないのが今日だけなのか、それとも土日はダメなのかよく分からなかったが、そんならホームページや看板にそう書いとけ!!と、微妙に怒りをおぼえつつも、「ありがとうございますー」とオトナの対応で駐車場へ向かう。

駐車場に車を止めて、街中へ向かう。どの家にも立派な蔵がいっぱあって、確かに古い街並みだ。背の高い建物はなく、空が広い。筑波山が間近に見えてとても気持ちがいい。おまけにこの日は快晴。で、まずは腹ごしらえのため「伊勢屋旅館」へ。

PA0_0010

ここだ。予約しておいたので名前を告げると2階へ案内される。真壁は食べ物屋さんやお土産物屋さんがほとんどない。で、歴史的な経緯があるのかないのかよくわからないが、ひなまつりのときには「すいとん」を出すところが多いらしい。

PA0_0013
すいとん。

PA0_0012
ちらし寿司。

PA0_0015
ちょっとしたおかず。以上で800円。

PA0_0011
それにおしるこを追加。200円。

腹ごしらえをすませると、いざ雛人形見物。合わせて100軒以上の商店や民家が、ショーウインドーや店内に雛人形を飾っている。

PA0_0007
お雛様。

PA0_0004
これは確か、真ん中が江戸時代の古いやつで、両脇が明治と大正じゃなかったかな?

PA0_0003
こんな風に屋根つきの社にお内裏様とお雛様が入っている雛人形もある。うちの親父が去年、地元の人に、なんでこのお雛様は社に入っているのか聞いたらしいのだが「なんでだか忘れちゃったよ」だって。でも珍しい。

PA0_0000
これは「享保雛」。享保っちゅーのは8代将軍吉宗のころですよ、あーた。人形は顔が猪木、じゃなくて、「人形は顔が命」だが、江戸時代の雛人形は他の時代と顔が違う。全般に面長。

PA0_0008
旧真壁郵便局(今は使ってないらしい)。かっこいい建物。

PA0_0005
これは、ある商店の中にあったアイスケースの中身。ら、ラムネだ!!賞味期限は大丈夫なのだろーか。

PA0_0001
そうそう、こんなような蔵がいっぱいある。

てなわけで、つくばから思いのほか近く、また天気もよく爽快だった。土曜日だったので、観光客もたくさんいて活気ついてた。平日はそうでもないらしいが…。地元の人はたいがい親切で、雛人形や石のことについて聞くと、親切に教えてくれる。

そうそう、ぱっと見た感じ産業らしい産業というのは「石」(墓石とか建築用の石)だけで、石屋さんが何軒かあった。石屋さんも雛人形を飾ってたんで覗いてみると、石の端材を売ってたりする。御影石みたいな表面がツルツルの石板だ。「早い者勝ち!どれでも100円!」みたいな。こんなん買って何に使うんだ?と思ったら、「ストーンコースターにどうぞ」とか書いてある。なるほど、コースターね、と思ってるとその横に「パソコンのマウスパッドにどうぞ」とか書いてある。いやこんなツルツルじゃマウスパッドにならんでしょ。

おわり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.02.12

【猫】悲しくてジェラシー

なんか、最近このブログの記事が攻撃的なものが多くなって、触るものみな傷つけそうな鋭いナイフのようなシャープなキレる奴のようになりそうな雰囲気が漂いつつあるので、息抜きのためくーちゃんの写真をお送りします。

060204_13190001

冬なので布団にくるまってぬくぬくしてるところ。

こないだ本屋で立ち読みしたのですが、猫ってのは基本的に「安全」と「危険」とかそれくらいの単純な感情しか無いらしいです。さびしいとか切ないとか悲しくてジェラシーとかそういう複雑な感情は無いそうな。飼い主は「安全」で知らない人は「危険」とかその程度らしいです。

くーちゃん、お前はそんなにバカなのかー?

と、軽くショックを覚えたりもしたのですが。

この土日、うっしー(ヨメ)と2人でちょっと出かけて、くーちゃんは一晩おうちで留守番していました。日曜の夜8時過ぎにオレたちが帰ってくると、くーちゃん嬉しそうにお出迎えしてくれました。

やっぱりそんなに馬鹿だとは思えません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.02.07

【雑文】表と裏

オレはウラオモテのある人間が嫌いだ。誠実こそがこの世で最大の美徳だと本気で信じている。

だから、偉い人に媚びへつらったかと思うと弱い人を傷つけたりからかったり苦しめたりするのはもうやめろよ!と心の底から思っている。心の底からだ。英語で言うとフロムボトムオブマイハートオブジョイトイ。

しかしどうだ。世の中を見渡してみると、そんな薄汚い連中ばかりじゃないか。ナントカいうホテルチェーンは、建築確認を受けた後で、ワザワザ違法となるような改造をしてる。オレと同い年のあの元社長は、テレビでニコニコしていたその裏で、粉飾決算、インサイダー取引、脱税、風説の流布、もうやりたい放題だ。ベートーベンみたいなヘアスタイルしたどこぞの国の首相は、アメリカにはヘコヘコしてるくせに国内でいうこと聞かないやつはバッサリと切り捨てる。伊東家の人達は毎週のように裏ワザばかりを考えている。

世の中狂ってる。なんでこんなやつらが幅を利かせてるんだ。おかしいぜ!!

オレの夢は、正直で誠実な人が賞賛される、そんな世界が実現することだ。

ええと、つまり、だからそういう、裏とか表とか、そんな自分を使い分けているような奴は信用ならねえ。オレはオレだ。どんなに偉い人を前にしても、偉くない人を前にしても、それは変わらないハズなのだ。裏とか表とか、そんなの最低なんだよ!

…えーと、昨日またしてもパンツを裏返しに履いてたことの言い訳はこれくらいでいいかな?なあ妻よ。

雑文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.02

ミトコンドリア・イブ

mixi」とかそういうソーシャルネットワーキングサイトってのが流行ってるらしい。登録者数が250万人を超えたとかなんとかいうニュースを読んだけど、よく考えるとソーシャルネットワーキングサイトのビジネスモデルっておかしくねえ?特に、「mixi」みたく参加者からの招待がないと登録できないようなクローズドシステムはさあ。

そうそう、話はちょっとずれるけど、「mixi」って参加者からの招待がないと登録できないわけでしょ?っていうことはさ、「mixi」に登録してる人はさ、必ず誰かに招待してもらったってことでしょ?てゆうことは、ある参加者を招待した人、その人を招待した人、さらにその人を招待した人、…っていうふうにたどっていくと、いわば全「mixi」参加者の共通の母ともいうべき、ミトコンドリア・イブみたいな人がいるわけでしょ?必ず。で、ミトコンドリア・イブは誰なんだ?みたいな話になって、なんかそういう「mixi」の源流をさぐれ!みたいなムーブメントはないのかね?オレ「mixi」やってないから知らないけど。

あとさ、くどいけど「mixi」って参加者からの招待がないと登録できないわけでしょ?ってことはさ、そのミトコンドリア・イブはどうやって「mixi」に登録したわけよ?おかしくねえ?ミトコンドリア・イブは招待されなくても「mixi」に登録できちゃったわけ?そんなのおかしいじゃねえかおうおうおう!そんだったらオレも入れろ!みたいな暴動は起きないのかね?オレ「mixi」やってないから知らないけど。

話を元に戻すと、「mixi」みたく参加者からの招待がないと登録できないようなクローズドシステムは、「健全で安心感のある居心地の良いコミュニティ」とかをウリにしてるわけでしょ?でもよく考えるとこれおかしくね?

つまり、「mixi」が激烈に究極に普及して、老若男女を問わず猫も杓子も偉い人も犯罪者もみんな、日本国民全員が「mixi」に登録しちゃって、「一億総mixi時代」が到来したとすると、もはやそれは「健全で安心感のある居心地の良いコミュニティ」じゃなくなっちゃうわけでしょ。つまり、だんだん普及していくと、究極的には最大のウリが消滅しちゃうわけ。これって何か大いなる不思議じゃねえ?人類第8の不思議じゃねえ?そこんとこ「mixi」の人はどう考えてんのよ?え?どーなんだいイエー!オレ「mixi」やってないから知らないけど。

とかいうことが不思議でたまらないのだが、べ、別にこれは会員数が250万人もいるのにいまだに誰からも招待されないのがちょっと悔しいとかそんなこととはまったくありませんから。そーだよ。別に悔しくないもんね。ふーんだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »