« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.25

世の中が悪くなっていく

それにしても悲しい事件はなかなか無くならない。いったい彼らのやり場のない怒りの矛先はどこに向けたらよいのか。幸い無事だった子供達の親だってやりきれない想いを抱いているハズだ。いったい誰が、何が悪いのか。不幸はいつ誰に降りかかるとも知れず、つまり、明日はわが身にもと思うとかなしくてとてもやりきれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.23

秋の夜長に

テレビのCMで、「母乳成分含有」の「スーパーマイルド チカラ」というシャンプーがあるのを知った。

…どうやって製造しているのか妄想すると夜も眠れません。

工場に行くと、母乳が出るようなママさん達がずら~っと並んでいるのでしょうか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.22

【雑文】金魚のフン

小学校6年のときの話である。

詳しい経過は忘れてしまったが、例によって授業中騒いでいたかなんかで、クラス全員が担任の先生からお説教を受けていた。

「まったく、お前たちみたいに、自分で考えないでただ他人の後をついてくよーなのを“金魚のフン”って言うんだよ、わかる?」

当時オレらの担任だった痩せたおばさんの先生が、一人ひとりを見渡しながら、教え諭すように言った。

「人間はさ、うんちすると肛門の筋肉がきゅうぅぅぅってなって、うんちが切れるんだけど、金魚はその筋肉がないから、うんちが切れないでいつまでもつながってんだよ」

真面目で素直な性格のオレは、一人の生徒として熱心に先生のウンコ話…いやいや、ありがたいお話に聞き入っていた。しかし、そんな先生のありがたいお話をさえぎった不届き者がいたのである。

「せんせ~。ちょっとキタナイ話はやめてください~」

当時クラス一のブリッ子(死語)という誉れ高かった女子が、そう言って話を止めたのである。これには、温厚なオレもさすがに頭にきた。

こっここここいつは先生の話をなんだと思っているのだ。先生の大事な話を「キタナイからやめてください」とはなにごとか。オレは怒りのあまり思わず立ち上がった。そうだ、ここは一発ヤツにガツンと言ってやらなければならぬ。オレはその女子に向かってこう言ってやった。

バカヤロウ!先生の話を何だと思ってるんだ!キタナイとかそういう問題じゃないんだよ。話を聞きたくないならお前が出て行け

オレの剣幕に驚いたのか、その女子は唖然としてこっちを見ているだけだった。教室にはヤツのせいで崩れかけた緊張感が再び戻ってきていた。


「…さあ先生」

オレは先生の方へ振り向くと、にっこり笑ってこう言ったのだった。

「どうぞウンコ話を続けてください」

雑文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.17

書き忘れ日記

8月末。近所でお祭り。

うっしー(ヨメ)と2人で、露店が並ぶ通りをぷらぷらと歩く。主な目的は「あんず飴」を買うこと。うっしーはこれが大好きなのだ。学生の頃は仙台に住んでたのだが、あっちじゃあんず飴売ってないんだよね。茨城県と宮城県の間のどこかに、あんず飴の北限があると思うんだけど、いったいどこだ?

まあいいや。

で、うっしーが金魚すくいをしたいという。というのも、前日深夜に、キングコングと青木さやかが司会をして、aikoがゲスト出演した番組で、「金魚すくい名人」が「金魚すくいのコツ」みたいのをしゃべっていたので、それを実践してみたくなったのだ。

金魚すくいの露天を見つけ、小学生に混じって腰を下ろし、「2人ね」と言っておっちゃんに600円を払う。金魚すくいをやるのは20年ぶりくらいだ。昨晩「金魚すくい名人」が金魚をすくう道具(なんていうんだ?これ?輪っかに紙がはってあるやつ)は、水にずっとつけててもいいんだけど、金魚の動きにあわせて水面に平行に動かせ、みたいなことを言っていたので、オレは「道具」を水槽につけ、獲物にする金魚を物色した。オレは一匹の金魚に狙いを定めると、その金魚の下に「道具」を入れ、水面に平行にすぅーっと「道具」を引き上げた。

おお。とれたとれた。うれしい。

とりあえず一匹ゲットしたので満足したオレは、次に巨大な出目金をターゲットに絞り込んだ。「金魚すくい名人」のワザをもってすれば、出目金もすくえるという(事実、昨晩のテレビでaikoは出目金をすくっていた)。

オレは同じ容量で出目金すくいに挑戦。…が、失敗。

横にいるうっしーを見ると、まだ一匹もすくえていないようだ。どうやらうっしーは、「道具」を水につけることをためらっている様子だった。「道具」の一部分だけ濡れているが、大部分は乾いたままだ。

ああ、それじゃダメだよ。一部だけ濡れてると、紙にかかる力が均一にならないから破れやすくなるよ。昨日のテレビでも水にずっとつけてても平気だって言ってたじゃないか、と言おうかと思ったが、店のおっちゃんに「兄ちゃん、トーシロウじゃねえな」と睨みをきかされたらイヤだったので黙っていた。

するとうっしーは一匹もすくえずに失敗。

結局、オレがすくった一匹に、おっちゃんがサービスで2匹つけてくれた。
060826_21240003

家には金魚鉢なんてないので、大きめの器に金魚を放つ。
060826_21260001

涼しげでいい感じ。

しかしくーちゃんは、金魚にはまったく無関心…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.06

ご発言

朝日新聞の記事より

――お子さまと殿下との対面の様子は。

 金沢「新宮さまは手術室から簡単な保育器に入れられ、新生児科の医師に連れられ出てきた。殿下は非常に物珍しそうにしていらした。一方、新宮さまは『オギャー』とおっしゃっていた」

『オギャー』とおっしゃったわけですか。さすが皇室の赤ん坊は違いますな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »