« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.31

責任

今日はちょっと、昔話をしよう。学生の頃の話だ。

オレいた研究室では、毎年秋に温泉旅行に行くのが慣例となっていた。

D3の秋のことである。例年通り、温泉旅行が計画された。金曜の夕方に出発して、車で1時間ほどの温泉に1泊するというスケジュールである。何台かの車に分乗していくのだが、出発は金曜の夕方であり、まだ仕事の終わってない人もいるので、仕事の終わった人が3、4人集まったところで順々に出発だ。

オレなどは当然さっさと実験を切り上げて出発の体勢に入ったので、後輩2人とともに最初の車で温泉に向かい、当然最初に宿に到着した。

皆がそろったところで宴会が始まるのであるが、まだ当分は全員揃いそうにない。そんなわけでオレは後輩を引き連れ、宴会前にひと風呂浴びることにした。オレたちはタオルを持って、先ほど宿のおばちゃんが「こちらが大浴場です」と指差した方向に歩いていった。大浴場はすぐに見つかった。

ふと見ると、入り口に看板が立てかけてあった。そこには

 “ただいまの時間は混浴となっています”

と書かれていた。

…。

おいおい。これは聞いてないぞ。

「わわわわワタナベ。さん、ど…どうしましょう?“混浴”って書いてありますけど…?」

後輩のT君などはすかり動揺してしまっていた。

「気にすることはない。“混浴”って書いてありゃ普通は男しか入らんだろ。それにまだ時間がちょっと早いから、きっと誰もいないよ」

オレは堂々と扉を開け、脱衣所に足を踏み入れた。しかし、予想に反して3人ほど先客がいるようだった。し、しかも…、あの脱衣カゴの最上部に置かれているのはぶぶぶぶぶブラジャーではないか?まままま間違いない。あれはブラジャーだ。ということは女性が中にいるということだ。これは予想外の展開だった。

「どどどどうしましょうワタナベ。さん、女の人がいますよ」

後輩のT君はかなり動揺しているようだ。しかし、オレはいつでも冷静沈着だ。そして先輩として威厳のあるところも見せなければならない。

「構わないよ。ここは混浴なんだから、当然我々にだって入る権利があるはずだよ」

「そうだ、一応、『入ってもいいですか』って聞いてみるのはどうでしょう?」

慎重な性格のW君がそう提案してきた。

「うん、それはいいアイデアだな。当然『いいです』って答えが返ってくると思うけど、マナーとして一応聞いてみるべきかもしれない」

「じゃ、じゃあワタナベ。さん聞いて下さいよ。一応年長者ですから、ほら」

ふ…参ったな…。どうもオレは後輩からの信頼が厚いようだ。アチチアチチ。よし、ここでちゃんと後輩の信頼に応えるのが年長者としての責任というものではないだろうか?そうだ、オレは信頼に応えなければいけないのだ。

「いいよ」

オレは後輩の信頼に応えるためにそう言った。くれぐれも言っておくが、オレがこの役を引き受けたのは後輩の信頼に応えるためであって、それ以外の他意は少しもない。いや全くない。これっぽっちもありゃしない♪

オレは堂々と脱衣所から風呂場へと通じるドアを開けた。湯煙の向こうには確かに女性が数名いた。

「すいませ~ん♪、入ってもいいですか?」

しかし、返事は予想外のものだった。

「えっ…!?こ、困るんですけど…」

「あ、そ、そうですか」

「困る」といわれてはどうしようもない。オレらは渋々あきらめて、大浴場を後にした。

「なんだよ、混浴なのに『入ったらダメ』ってどーゆーことだよ」

「そーだよなー。おかしいよ、あの人たち」

「まあ、しょうがないから別の風呂がないか聞いてみよう」

オレらはフロントに向かい、宿のおばちゃんに聞いた。

「あのー、さっき大浴場に行ったら先に女の人が入ってて、『一緒に入ってもいいか』って聞いたら『ダメ』って言われちゃったんで、どこか他に風呂はないですか?」

「ええ?大浴場は今の時間は女風呂ですけど!?」

「え?だって入り口に“混浴”って看板が立ってましたよ」

「あら、それは間違いですね。さっき“女風呂”って看板をかけたんだけど…。誰かが間違えて看板直しちゃったのかしら…」

ちょ、ちょっと待て。ほんじゃー女風呂に侵入してって、「入っていいですか?」って聞いたオレは、ただのヘンタイじゃないか!どーしてくれるんだ!もう少しで入っちまうところだったじゃねーか!!

雑文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.26

皇居ジョグ

昨日は夕方、会社の人たちと一緒に皇居一周ジョグをしたのだった。

皇居一周って5キロくらいあるらしいのよ。こんな長い距離走るのは中学以来だぜたぶん…。

神田に「稲荷湯」っていう皇居ランナー御用達の銭湯があるんだけど、そこで着替えて気象庁前を出発してぐるりと一周。なんだかみんなえらい速くて、おいらビリっけつよ。一応ケータイ抱えて走ったんだけど、写真をとる余裕などなし。しかし左手に見える皇居は眺めがいいが、右側の道路は車だらけで排ガスが健康によくないのではないかと思ったのだった。

そいでもってやっとこどうにか5キロ完走したあとは稲荷湯に戻ってジョギング後の風呂。これが気持ちE!

さらにそいでもって風呂上りにいわし料理屋でビール!ビールうめえ!!特に最初のひとくち!!今まで飲んだビールの中で最強に美味かったよ。

オレはゲーム性のある球技(野球やサッカー)が好きでジョギングみたいな「自分との戦い」は好きでないのだが、美味いビールを飲むためならなかなか悪くないかもなんて思ったりもする今日この頃なのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.19

週末

土曜日、大学時代の友人Kの結婚式の2次会に出席するため飯田橋へ。「カナルカフェ」という川沿いのオープンカフェが会場だ。

…って思いっきり台風接近中!

雨!大雨!!

そんなわけで「新郎新婦は川からボートで登場」&「閉会時には打ち上げ花火」という演出だったらしいがいずれもパー。ま、お天気だけはどーにもなりませんわな。なにはともあれおめでとうK。

それにしてもほとんど卒業以来という友達にたくさん会えて楽しかった。

■□■□■□

日曜日、先行上映の「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」を観る。

実は本も読んでいて、本はハリーの孤独感がバリバリに描写されていて全体に暗いトーンなんだけど、映画はそんなに暗い感じではなくてよかった。新キャラの電波系不思議少女ルーナがかわいかった。本だと完全に変人みたいなキャラで書かれてるんだけど、映画では不思議ぶりがあんまり描かれておらず、ただのかわいい女の子に成り下がっていた。残念なようなそうでもないような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.12

勘違い

子供の頃、「まめちしき」っていうのは

「公文式」の親戚かなにかだと思ってた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.11

いま気になっている女性その2

ひし美ゆり子

ウルトラセブンのアンヌ隊員だ。…といっても、オレはウルトラセブンあんまり観たことない。アンヌ隊員の印象もない。なにせウルトラセブン放映時の67~68年にはまだこの世に生を受けていなかったからな。

じゃあなんでアンヌ隊員かというと、ウルトラセブンが40周年でどーとかいうニュースがYahoo!に出てたのでリンクをいろいろたどっていったらひし美ゆり子のページに到達したのだった。

これがまた60歳らしいんですけど色っぽいんですよゆり子さん。

そいでもって「小さいのを大きくする方法教えて~!」とか言われるとドキドキものなのだった。わざわざ「(写真のコトだよ~~ン)」とか書いてあるので、「写真のコトじゃないコトっていったいなんですか!!」と問い詰めたい感じだ。いったいなんですか。ドキドキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.10

いま気になっている女性その1

SAX奏者のNAOH

いや、ていうか音を聞いたこともないし、もちろん生で観たこともないんだけど。

カワイイ。

とにかくカワイイ。

三宅伸治バンドのホーンセクションだ。チケット買ったのにライブ行かなかったんだよな~。後悔後悔後悔。

いいなー三宅。こんなカワイイ娘と一緒にバンドやれて。オレもNAOHちゃんみたいな娘とバンドやりたいぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.09

ストライクゾーン

オレはいま悩んでいる。

女性の好みについて語るときに「ストライクゾーン」を例えに用いることがある。「ど真ん中のストライク」とか「低めギリギリいっぱい」とか、そんな調子だ。例えとしてはなかなかイイ線突いてると思うのだが、永年氷結気味の疑問があるのだ。

ストライクゾーンの高低は年齢を指してるという解釈で間違いないと思う。高い低いって言葉の意味がぴったりはまってるし。

でもストライクゾーンって高低だけが問題なんじゃないんだ。内外角っていうもう一つのパラメータがあるんだ。つまりストライクゾーンというからには少なくとも2次元のパラメータを考えないといけないんだ。

じゃ、もう一つのパラメータつまり内外角はいったい何を指しているのか?

なんかうまい考えが思いついたらノーベル賞みたいなスゴい賞がもらえるかもしれないのに…!

わからねえ。

わからねえんだよ。

もうそんなこんなでオレはいま壁にぶち当たっている。打ちのめされそうなんだ。くじけそうなんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.08

The blues is alright

今年の初めにブログの更新頻度をアップさせるとかいう目標を立てたような気がするが全然守られてなーい。そいでもって早いもんだぜ、気がつけばもう7月!眠る暇も遊ぶ暇も無い!

なんてことをちょっと反省しつつ、本当は日々起こったことや感じたことをちょっとずつでも記録していって10年くらい経ってブログを見返したときに「あの頃はこんなこと考えていたのだなあ」とか感慨にふけったりしたいのだがどうにもうまくいかないっぽい。困ったぜ。

10年後のオレへ。

この土日はほぼ仕事をしていたのでつまらなかった。家で仕事などしてはいけない。

あと最近いよいよ腹がヤバい。ダイエットしないとイカンぞ。

今日はこんなところでカンベン。小さなことからコツコツと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.07

punctual

土曜日だが家で持ち帰りの仕事。珍しく。

基本的に仕事は好きだが時間は守ってきっちりと、なオレなので家で仕事などしたくないのだが、今度ばかりはしょーがないのだ。

時間を守って、といえばうちの会社はフレックスタイム制なので、一月トータルで労働時間が規定時間を超えていればいいのだが、先月は規定時間に5時間足りんかった。いってみれば残業時間マイナス5時間。足りない分は欠勤扱いで給料マイナスされました。ひ~。

もひとつ時間を守って、といえばオレは時間に正確だ。特に昼休みの開始時間にはうるさい。前の会社にいたときからそうだったが、時計の針が昼休みになると同時にランチに向かうのだ。これはもうロケットスタートよ。カール・ルイスも真っ青よ。あ、ルイスはスタートあんまり得意じゃなかったか。スタート得意なのは誰だ?ベン・ジョンソンか?例えが思いつかんな。あ、スケートの清水宏保がロケットスタートだったか?まあいいや。

前の会社のランチといえば、社食がえらい不味かったな。入社試験を受けにいったときに、昼飯を社食でごちそうになったのだが、あまりのマズさにこの会社入るのやめようかと真剣に悩んだものだ。そいでもって、入社後、社長が新人相手に月イチくらいで講義をするというのがあったのだが、その社長講義の質問コーナーで「社食がマズいのですがなんとかなりませんか」と言ってみたのだが「僕もそう思う」とか言われてどーしようもなかった記憶がある。懐かしいな社長講義。今はランチには恵まれているので幸せだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.01

ダイハード4と首輪

土曜日、「ダイハード4」を観る。

前作は95年だそうだ。12年前。うっしー(ヨメ)と見に行った記憶があるな。ブルース・ウィリスすっかりハゲちゃって。マクレーンの娘もすっかり大きくなっちゃって。時代は変わる。

そいでもって「M:I3」に出ていたマギー・Qが敵役で出てる。マギー・Q、「M:I3」ではイイ女ぶりを最大限に発揮していてたが、ダイハード4ではイマイチ。ていうか、コンピュータオタクのハッカーがあんなにカンフー強いなんておかしくね?

まあ面白かったですけど。

そいでもって帰りに手芸の店?みたいなところに連れて行かれ、くーちゃんの首輪を皮細工で作らされる。材料を購入して、道具を借りてお店の隅でトンカントンカンと。

070630_182201

まず、ピンを通す穴を皮にあける。

070630_183001

金具を取り付け、

070630_183601

花の飾りをつけ、できあがりー。

お店のお姉さんに、初めてなのにうまいとほめられた。イエーイ。

そいでもって家に帰ってくーちゃんに装着!

070630_223403

よくお似合いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »