« 土曜日 | トップページ | おうち完成! »

2008.03.11

南原コネクションの謎 (政治的に正しいコンバトラーV 第1話)

Yahoo!動画でコンバトラーVの第1話を見た。第1話ってことで30分足らずで登場人物を紹介しつつ、初めて現れた敵を主役ロボットがやっつけるという命題をクリアするのはなかなか至難のワザなわけで、もうツッコミどころ満載。

まず南原博士。南原コネクションは国連のバックアップを受けてる研究所だそうだ。第1話しか視てないのでもしかしたら違う設定があるかもしれないが、「南原コネクション」というネーミングからしてこれは民間研究所である。公的機関であれば「独立行政法人 対宇宙人・地球防衛技術総合研究機構 ロボット兵器研究所」とかなんとかいう名前をつけるハズだ。あ、放映当時は独法なんてないか。

さて、いち民間研究所に過ぎない南原コネクションがいったいどのようにして国連の支援を得るに至ったか?という点は大変興味深い。っていうか、ホントならものすごい政治手腕だよ南原博士。いったいどうやって世界の国々を説得したんだよ!

これについて南原博士は劇中で「宇宙人の驚異を訴えた」(うろ覚え)と説明しているが、それじゃタダのトンデモ科学者だよ!大槻教授に怒られるよ!…ていうか、なんでアメリカや中国やロシアは拒否権発動しないんだよ!トンデモ科学者に説得されるなよ!

しかしまあ、これについては劇中で語られていないだけで、宇宙人の存在、しかも地球侵略の可能性を示す客観的な証拠があったのかもしれない。

話を南原コネクションに戻す。第1話を観てると、南原コネクションの職員は南原博士とその孫である南原ちずるしか登場しないのだ。

大丈夫か南原コネクション!?国連の支援とか言ってるけど、タダの個人商店じゃないのか?

南原博士が死んでしまったら、ちずるに相続税が払えるのか心配である。資産価値相当ありそうだしな。

|

« 土曜日 | トップページ | おうち完成! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42985/40467493

この記事へのトラックバック一覧です: 南原コネクションの謎 (政治的に正しいコンバトラーV 第1話):

« 土曜日 | トップページ | おうち完成! »