2007.02.12

My R&R (ジェイムズ・マクギャリー編)

小さい頃からずっと「イイ男」になるのが夢だった。「イイ男」だ。「男前」とか「ハンサム」とかとは違うのだ。「イイ男」だ。定義が難しいが…「イイ男」になりたいのだ。「プレイボーイ」になりたいと思ったこともあったが、そっちは無理っぽいのであきらめた。目指すべき道は「イイ男」だ。なんていうかこれは見た目ではなくて人間性の問題だ。違いのわかる男だ。みんなからリスペクトを受けられる男だ。

そんなとき、彼の言葉に出会った。小学校5年か6年のときだと思う。

 きょうび料理のひとつもできないでナイスガイは気どれんからな
   (ジェイムズ・マクギャリー)

そうか!料理だ!料理ができなきゃダメなんだ。

こうしてオレは「イイ男」のために彼から学んだ言葉を胸に20年超、イイ男となるべく修行をつんだ。今じゃ、ひととおりの料理くらいはできるようになったのだった。ああジェイ、オレは君がいう「ナイスガイ」にちょっと近づけたかな?

 おぼえたことは 
 きょうび料理のひとつもできないでナイスガイは気どれんないってこと
 事の始まりは 例えばオレならそれは
 ジェイムズ・マクギャリー!!

彼の言葉でもうひとつ忘れられないのは

「父さんと呼べ、レイフ」

完璧な人間なんていないってことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.05

渡辺さんごめんなさい。

先日の「おいピータン!!」の記事で、「渡辺さんが大森さん以外の男と仲良くしている」と書いたが、うっしーの指摘によりあれはオレの勘違いだということがわかった。近藤君と付き合っていたのは別の渡辺さんらしい。まぎらわしいな、伊藤理佐。

しかしよかった。オレはホッと安心した。胸をなでおろした。そうだよな。渡辺さんはそんな人じゃないと思ったよ。ごめんなさい渡辺さん。一瞬でもあなたのことを疑ってしまいました。

まあともかく、「おいピータン!!」最高です。いま一番楽しみにしているマンガだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.31

おいピータン!! 第1巻/伊藤理佐

おいピータン!! 1 改訂版 (1)
伊藤 理佐
4063375188

オレは渡辺さんが好きだ。

メガネをかけている渡辺さんが好きだ。

髪をアップにしている渡辺さんが好きだ。

いかにも先輩っぽい渡辺さんが好きだ。

電化製品を買い換えるとき嬉しくなってしまう渡辺さんが好きだ。
そして…

大森さんを愛している渡辺さんが好きだ。

だから

大森さん意外の男と仲良くしている渡辺さんを見ると胸がキューっと張り裂けそうだ。頼む、渡辺さん。貴女はそんなひとではないはずだ。やめてくれ。そんな姿を見せるのはやめてくれ。

…てなこともないわけではないが、大森さんの勇姿もちゃんと拝める第1巻。やっぱり一番ステキなのは渡辺さんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.08

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 12巻/安彦良和

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (12)
安彦 良和 矢立 肇 富野 由悠季
4047138053

なんだか9巻ぐらいから全然ガンダムが登場しなくなってしまったガンダムTHE ORIGINも12巻目。ようやくジオンのザク(旧型だけど)と連邦のガンキャノンが登場。機動戦士ザク、もしくは機動戦士ガンキャノンって感じ。

ということで9巻からすっかりシャアの話になってしまったガンダムTHE ORIGIN。ついにシャアがザク(旧型だけど)に搭乗してランバ・ラルに「例の赤いの」とか言われちゃったりするわけですよ。むおー辛抱たまらん。

しかしシャア、カッコええな。「ガンダムを知らない子供たち」であったうっしー(ヨメ)にガンダムTHE ORIGINを読ませたら「アムロよりシャアの方がカッコいいじゃん」と言っていた。そーなんだよ。みんなシャアが好きなんだよ。例の赤いやつが好きなんだよ。Zガンダム以降どんどんヘナチョコになっていくシャアだけど、ロリコンかつマザコンのシャアだけど、それでもみんなやっぱりシャアが好きなんだよ!

そんなわけで、もう少し、もう少しだけでいいから、赤い彗星がもっとも赤く輝いていた日々を堪能させてくれないか。連邦なんか目じゃなかった日々を…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)