2006.03.25

【猫】みんなの人気者

先週末は、うっしー(ヨメ)の友達というか後輩というか、えー、3人ほど、うちに遊びにきました。

うっしーが駐車場までみんなを迎えに行ったので、オレは愛猫くーちゃん(ロシアンブルー、♀)とともにお出迎えをしようと、くーちゃんを抱きかかえてドアの前でスタンバイしてました。

で、いざみんながやってきて、ドアを「ガチャ」っと開けた瞬間、くーちゃんは知らない人が来たと知りビビってオレの腕をかいくぐり階段を駆け上がって2階へ逃亡。

こうなるともうしようがないので、くーちゃんのことはあきらめてお茶を出したり、ご飯の準備をしたりしてました。

しかし、しばらくすると、くーちゃんは興味津々で1階にテコテコ降りてきました。どんな人がきたのか気になるようです。

3人のお客さんは、男2人に女1人という構成。くーちゃんは、まず「アマリリス(仮名)」という女の人のところに行きます。くーちゃんはアマリリスさんの匂いをくんくん嗅いだり、脱いだコートの匂いを嗅いだり、カバンの中を覗いたりしています。

続いて男2人の匂いをくんくん。このうちH君という子はいちどうちに来たことがあるので、くーちゃんとは2度目の対面です。くーちゃんはH君をくんくんした後、初対面のY君をちょっとくんくん。

くーちゃん、ひととおり客人をチェックすると、あとは我々がご飯を食べている間、1階をうろうろしてました。テレビの上に登ったり、テーブルの下から突然ダッシュしたり大忙し。みんなくーちゃんの一挙手一投足に注目です。

そいでもってご飯を食べ終わる頃には、すっかりリラックスしたのか、くーちゃん、ソファの上に箱座りして目がとろ~んと眠そうになってきました。あまりのかわゆさにH君は携帯カメラで撮影開始。くーちゃん、すごい人気だ!

それからこれはまた別の日の話。

ちょっと懐中電灯を使う用があったのですが、懐中電灯を使い終わった後、ふと思いついて壁に光を写してヒラヒラ動かしてみました。

060323_20310003
くーちゃん、うずうずしてます。

060323_20310002
そこっ!

060323_20310001
こっちか!

初めての遊びにくーちゃん大いにエキサイト。めずらしく、くーちゃんより先にオレのほうが飽きてやめてしまいました。やめた後も、未練がましく壁をじーっと眺めるくーちゃん。い、いじましい…。

我が愛猫との日々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.06

【猫】3歳の誕生日

そーいえば、2月19日は我が愛猫くーちゃん(ロシアンブルー、♀)の3歳の誕生日でした。

我が家では、普段はドライフードしか与えないのですが、この日はお祝いなのでドライじゃないやつ(ウェットフード?)をあげました。「マグロフレーク、カツオの切り身添え」みたいな高級っぽいネーミングの缶詰キャットフードです。

台所で缶詰を「カパっ」って開けると、くーちゃんは「ニャッ」と嬉しそうに寄ってきます。「カパっ」って開けるやつには美味しいものが入ってるって知ってるんです。うちでは与えないのですが、おばあちゃんが時々与えるので覚えたみたいです。オレ達が旅行に行くときなど、家を数日開けるときはたいていくーちゃんをおばあちゃんに預けます。おばあちゃんはくーちゃんが大好きなので、気を惹こうとしてあれこれ画策します。ていうか美味しいもので釣るだけなんですが…。

そんなわけで、くーちゃんは、「カパっ」って開けるやつには美味しいものが入ってるって覚えてしまいました。

この日も、オレが台所で「カパっ」ってやったら、駆け寄ってきて

「ニャ~(早くちょうだいよ!)」

と言ってます。お前はそんなことばかり覚えてんだなあ。


あと、ご飯だけじゃアレなので、新しいオモチャも買ってあげました。黄色いフワフワ(「小判」って書いてある)がついた猫じゃらしです。

くーちゃん早速エキサイト。

060219112001

この後、2日と経たないうちにヒモ部分を噛み切って破壊してしまいましたが…。

我が愛猫との日々

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.12

【猫】悲しくてジェラシー

なんか、最近このブログの記事が攻撃的なものが多くなって、触るものみな傷つけそうな鋭いナイフのようなシャープなキレる奴のようになりそうな雰囲気が漂いつつあるので、息抜きのためくーちゃんの写真をお送りします。

060204_13190001

冬なので布団にくるまってぬくぬくしてるところ。

こないだ本屋で立ち読みしたのですが、猫ってのは基本的に「安全」と「危険」とかそれくらいの単純な感情しか無いらしいです。さびしいとか切ないとか悲しくてジェラシーとかそういう複雑な感情は無いそうな。飼い主は「安全」で知らない人は「危険」とかその程度らしいです。

くーちゃん、お前はそんなにバカなのかー?

と、軽くショックを覚えたりもしたのですが。

この土日、うっしー(ヨメ)と2人でちょっと出かけて、くーちゃんは一晩おうちで留守番していました。日曜の夜8時過ぎにオレたちが帰ってくると、くーちゃん嬉しそうにお出迎えしてくれました。

やっぱりそんなに馬鹿だとは思えません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.31

ツンデレ娘。

 我が愛猫くーちゃん(ロシアンブルー、♀、2歳半)は、いま流行りのツンデレかもしれません。

 うっしー(ヨメ)はくーちゃんと頻繁にスキンシップを図ろうとして、オレに「くーちゃんとって」と指令します。オレは指令に従い、くーちゃんを追いかけて捕まえます。くーちゃんはすばしこくてなかなか捕まらないので、オレはやむをえずくーちゃんのシッポをわしづかみにして捕まえます。

「ごめんな。くーちゃん。ママの指令だから仕方がないんだ。そこのところをわかってくれ」

 オレは一応言い訳をしてみますが、くーちゃんにそんなものは通用するわけありません。そのうち嫌われちまうんじゃないかと少し不安です…。

 まあとにかく、オレはくーちゃんを捕まえるとうっしーに引き渡します。うっしーはくーちゃんを抱っこしますが、くーちゃんはハナから逃げる気満々です。手足を突っ張り、うっしーがちょっと力を緩めるとすぐ逃げ出してしまいます。まるでプライドの高い女性のようです。「アタシはいま抱っこなんかして欲しくないの」。媚を売るようなことはしません。ツンツンモードです。

 特に、うっしーは夜寝るとき、必ずくーちゃんを抱っこして寝たがります。しかし、このときもくーちゃんは隙を見つけてすぐにうっしーの布団から脱出します。「アタシはまだ眠くないの」。まるっきりツンツンモードです。

 しょうがないので、うっしーもオレもあきらめて寝ます。…で、朝起きてみると、くーちゃんはちゃっかりと?いつの間にかうっしーの横で寝ています。なぜだかオレの布団にはほとんど来ない。うっしーにべったりです。「ママ好き」と言わんばかりにデレデレモードです。

051030_17040001

 …ただ単に、明け方は寒いからうっしーをホッカイロ代わりにしてるという説もありますが…。

我が愛猫との日々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.20

風太くんに対抗して…。

 やや風化してしまったネタなような気もしますが、レッサーパンダの風太くんに対抗して(?)、我が家の愛猫くーちゃん(ロシアンブルー、♀)も立ち上がりました。しかもソファーの背もたれの上っちゅう、なんとも不安定な場所です。

050819_213601

 イエー!立ちあがれ!腰を振れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.09

寝る子

 とある試験を受けるため、6月終わりから7月初めにかけて2週間ほど会社を休んで家で勉強していた。うっしー(ヨメ)は仕事に行ってしまうので、この間、家にいるのはオレと、愛猫くーちゃん(ロシアンブルー、♀)だけだ。

 で、くーちゃん。昼間は何をしているかというと、寝てる。ひたすら寝てる。これでもかというくらい寝てる。

ku050621

 寝る場所はずーっと決まったところがあるわけではなくて、そのときどきでくーちゃんなりの「マイブーム」があるようだ。あるときは押し入れの布団の上だったり、あるときはうっしーの洋服入れの引き出しだったり、またあるときはソファの上だったり。

 オレが2週間家にこもっていた間のマイブームは、「窓際の座布団の上」だったようだ。オレの勉強部屋は2階にあるのだが、トイレや飲み物を取りに1階に降りていくと、いつもそこで寝ていた。

 くーちゃんは、甘えてるのかなんなのか、オレの姿を見ると「ころん」とあお向けに転がってお腹を出す(我が家ではこれを「ころん」と呼んでいる)。眠くても「ころん」をする。でも、座布団の上で「ころん」すると座布団からずり落ちるんだけど…。

ku050622

 カ、カワイイ…。

 さて、くーちゃんは毎日4時くらいになると、寝るのに飽きちゃうのか、2階に上がってくる。で、机の上に上がってきて、広げたノートや参考書の上に寝っ転がる。くーちゃん、カワイイんだけどじゃまなのでどいてくれないか。

ku050701

我が愛猫との日々

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.29

注射の日

 昨日は我が愛猫くーちゃん(♀、ロシアンブルー、2才)の予防注射の日なのだった。

 くーちゃんを外に連れ出す際はキャリーバッグに入れていくのだが、最近くーちゃんはキャリーバッグに入れようとすると頑なに抵抗する。昨日もさんざん逃げ回るのを捕らえて無理やり押しこめた。バッグに入れた後も「にゃー」ってイヤイヤぶりをアピールするくーちゃん。

 で、車で10分ほどの動物病院に連れていく。この日はなんだか大繁盛で、待合室にはたくさんの犬がいた。待合室だけじゃなく、外で待ってる犬もいる。この外の犬がさかんに吠えていて、くーちゃんは硬直状態。そう、くーちゃんはテツ(うっしーの実家の犬)のせいで、犬が苦手なのだ(このへん参照)。

 30分くらい待たされて診察室に入る。キャリーバッグを開けて出そうとすると、入るときはあんなにイヤがっていたくせになかなか出たがらない。それでもバッグから出して診察台の上に載せてやると、もうビビって腰抜け状態。先生に触診されてもなすがまま…って感じ。お尻に体温計刺されたときはちょっとイヤそうだったけど、基本的に診察台の上でおとなしく硬直してるくーちゃん。先生に「おとなしくていい子ですね」と言われてしまう。「ビビって動けなくなってるだけですよ」と謙遜しておく。「でも、怖がって暴れて逃げ出しちゃうネコちゃんもたくさんいますから」とか言われちゃって、くーちゃん、いい子ぶりっ子。

 本日のメインイベントの注射(2本!)にはビクともせず、難なく終了。診察台から下ろすと、キャリーバッグにスタコラと入ってしまう。

 家に帰ったら、ママ(うっしー)がご褒美に焼カツオのレトルト(猫用)のご飯をくれた。とりあえず美味しいもの食って満足したようなので、めでたしめでたし。

我が愛猫との日々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.19

放蕩娘。

 我が愛猫くーちゃん(ロシアンブルー、♀)ですが、最近わがまま放題の気まぐれぶりに拍車がかかっています。

 我が家は目下のところDINKSなので、くーちゃんは昼間はひとりでお留守番です。でも、うっしー(ヨメ)の職場は車で15分ほどのところなので、毎日ではないですが時々、昼休みに家に帰ってやるらしいのです。

 で、くーちゃん。子猫の頃はドアの前でうっしーの帰りを待ち構えていて、うっしーがドアを開けると「ニャー」とか言ってかわいかったらしいのですが、最近じゃ昼休みにうっしーが帰ってきても、ウンともスンとも言わないらしいです。

 ちなみに、ウチは集合住宅ですがメゾネットなので2階があります。くーちゃんは2階の押し入れが好きで、昼間はどうもそこで寝てるようなのですが、うっしーが帰ってきても、1階に降りてきやがらねえそうです。ナマイキです。

「くーちゃん!」

 うっしーが呼びかけても降りてくる気配すら感じられません。しかたなくうっしーが2階に上がっていくと、くーちゃんはベッドの上から眠そうにうっしーを見てる、とかそういう感じらしい。

 なんか、むかーし深夜にテレビで観た「江戸城大奥」とかその手のちょっとエッチな映画の中の「上様をおなぐさめするのがそなたのお役目であるのに、そなた自身がなぐさんでどうする!!」とかそんな趣旨のセリフを思い出しました。もう、まさにくーちゃんにはそう言ってやりたい。「ママ(うっしー)をおなぐさめするのがそなたのお役目」と。

 しかーし。こないだの土曜かな?うっしーと二人で朝から出掛けて、オレだけ先に帰ったのですが、部屋に入ってみると、くーちゃんは窓辺の座布団の上でひっくり返って熟睡中でした。

050416_131001


 お前ってヤツぁ…。

我が愛猫との日々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.24

Happy Birthday

050219_190001 2月19日は我が愛猫くーちゃん(ロシアンブルー、♀)の2歳の誕生日でした。ウチは基本的にドライフードしか与えてないんだけど、誕生祝いってことでレトルトパックのマグロをあげました。喜んであっと言う間に完食して、レトルトパックのゴミまであさってました。

 で、くーちゃん、もう2歳ですから人間でいうと、しっとりオトナの女っていう年齢のハズですが、まだまだおてんばっていうか最近ますますおてんば度が増してます。

050129_212802 実は最近ソファを買ったのですが、くーちゃんはソファの上に飛び乗って駆けずり廻って大変な騒ぎです。もうシッポなんかビンビンでゴキゲンですオーイエー!

 そういえば、くーちゃんのエサやオモチャを買いに出かけたとき、うっしー(ヨメ)がこんなこと言ってました。

「昨日の夜さあ、まさお君が天皇陛下から勲一等だか勲二等だかを授与された、ってニュースを見た記憶があるんだけど…」

「ん?」

「あれは夢だったのか現実だったのか…?」

「っていうか『まさお君』って誰よ」

「ほら、昨日『ポチタマ』に出てた

夢に決まってんじゃん!!

「そうかなあ。やけにリアルだったけど」

「犬が勲一等もらうわけないだろう!!」

「えー。『犬としては画期的だ』ってニュースで言ってたけど…」

いやいや、うっしー、それを現実と思う君の方が画期的だよ。

我が愛猫との日々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.07

ドメスティックバイオレンス

ku120701.jpg

 丸見えである。

 おなじみ?我が愛猫くーちゃん(ロシアンブルー)である。一応女の子なのだがいいのだろうか。人間の年齢でいうと20そこそこのぴちぴちギャルのはずである。花も恥じらう乙女心なはずである。ラッキョが転がってもおかしい年頃なはずである。これでいいのだろうか。オレは問い正してみたい。くーちゃん、お前はそんな大開脚のウエルカム状態でいいのかと。

 実はいいのかもしれない。くーちゃんはもう避妊手術済で、赤ちゃんが産めないカラダになってしまっているのだ。すまん。くーちゃんよ。ふがいない父ちゃんを許してくれ。ペット禁止の集合住宅で人目を忍んでお前を飼わなければならない甲斐性無しのこのオレを許してくれ。

 オレはそんな懺悔の念を抱きながらくーちゃんのお腹を撫でてやった。そーいえば、避妊手術の時に剃ったせいか下腹部の毛がモジャモジャでギャランドゥなワイルドジャンゴーになってしまっている。ここだけ毛並が乱れてかわいそうだ。綺麗なグレーのダブルコートなのに。

 すまんくーちゃん。オレは一層心を込めてくーちゃんのお腹を撫でる。

 くーちゃんは遊んでるつもりなのかオレの手に噛みついて猫キックを仕掛けてきた。

 あたたたたた。痛いっちゅーねん。

ku120702.jpg

 あっ。くーちゃんお前こんなにして、会社の人にオレがドメスティックバイオレンス受けてると思われたらどうすんだっ。

我が愛猫との日々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧