« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

親子丼/やきとり屋神保町

親子丼(中) 900円
やきとり屋神保町

名前 それは 燃える生命(いのち)

ひとつの地球に ひとりずつひとつ
   ーゴダイゴ

…なんだけどさ、「やきとり屋」って何よその身もふたもない名前。なんか飼い犬に「いぬ」って名前つけてるみたいじゃん。識別性ぜんぜん無いよ。「神保町」も住所だしさ。うちの犬に「つくばいぬ」って命名するみたいなもんじゃん。意を決してベンチャー企業興して、社名に「かいしゃ」ってつけるみたいなもんじゃん。何ですかそれ。

でもまあ、それだけ潔いということかもしれません。なにしろこのお店、ランチメニューは以下の3つだけです。
 親子丼(小盛り:ミニサラダ付き)
 親子丼(中盛り)
 親子丼(大盛り)

って全部親子丼じゃん!!!

そんなわけで選択肢はサイズのみ。あとトッピング(キムチともうひとつ忘れたけど何かあった)が100円、ミニサラダが100円です。そんなわけでおいらは中盛り注文です。

Imag0323

カウンターの上に刻み海苔があるので、お好みでバサバサとかけます。あと調味料もいくつかあり、七味を少々振りました。

卵ふわとろです。鶏肉もプリプリしてます。美味いです。ちなみにタマネギではなく長ネギ使用です。

写真撮ってませんが、味噌汁(おかわり自由)がついてます。今日はシジミの味噌汁でした。

あと、カウンターに置いてあるキュウリの漬け物が何気に美味いです。コリコリする食感が、ふわとろプリプリの親子丼にアクセントを与えてくれます。

★★★★

2012年11月27日 (火)

チャーシューメン/七福家らーめん

チャーシューメン 850円
七福家らーめん

毎回断っておきますがおいら基本カレー党でラーメンは門外漢なんで、家系ラーメンとか二郎とかいままで一度も食べたことないんですけど、なんだかとっても寒い日だったもんで、「ラーメンが食べたい、しかもこってりしたやつ。」とか自問自答の末、結論したんだエブリバデイ!!(エレカシ風)

そんな風に神保町界隈を歩いていると、なんだかとってもこってりしてそうなラーメンの写真が載った看板が立ってたんで思わず足を踏み入れてしまったのです。「七福家らーめん」ってことは、横浜家系ってやつですか?よく知らんのですけど。

まずは入り口付近の券売機で食券を買います。わたし、はじめてなの。ということで初めてのお店ではメニューを把握していないためどれを買うか迷いますが、目についたチャーシューメンのボタンをポチっと。

Ramen

チャーシューが4枚ででーんと。あと大きめの海苔が3枚ででーんと。

おいら前から少々疑問なのですが、ラーメンにおける海苔というのは、いったいどうやって食べることが想定されているのでしょうか。スープに浸したらどろどろに溶けちゃうし、そのまま麺と一緒に食べるにはデカすぎるし。しかたなくおいらは、海苔だけをパリパリ食べます。しかしこの店の海苔はデカいので、1枚で飽きた。あとはスープに浸しちゃいました。

スープはややとろみがかった、こってり濃い味です。麺はおいらの理想からするとややふとくやや真っ直ぐ気味。

トッピングはほうれん草が多めなのがグッドです。

寒い日でしたので、ラーメンおいしくいただきました。

★★★

2012年11月26日 (月)

鶏のパン粉焼き/シャン・ドゥ・ソレイユ

肉のランチ(鶏のパン粉焼き) 1260円
シャン・ドゥ・ソレイユ

今日は(職場から見て)神田西口商店街のちょい手前にあるベルギー料理屋さんに挑戦です。

ここはおいらの通勤経路の途中(から数メートル横に行ったところ)にあり、お店の前は通らないんですけど、看板が見えるくらいのところを毎日通るので、「ベルギー料理ってどんなんかなあ」と日々思いを馳せていたわけです。

入り口は一段地下になっています。中に入ると、横から眺めた看板から想像したのより(どんなだ)広かったです。テーブルとかイスとかそんな高級感あふれてるわけではなくカジュアルな感じ。

ランチメニューは、パスタランチがAB2つ。それから肉のランチと魚のランチ。以上が1260円。それからもひとつラザニア(数量限定)が1000円。おいらは肉のランチを注文。今日は鶏のパン粉焼きです。

まずはサラダ登場。

Imag0317

シーザーサラダ的な。これ何かベルギー風?よくわかりません。

続いてメイン。

Imag0318

これもベルギー風?よくわかりません。あとバケットがついてましたけど、ベルギー風?ていうかフランスパン?よくわかりません。

このお料理はかなりちゃんとしてました。まず付け合わせの野菜が美味い。ニンジン、ベビーコーン、オクラ、ブロッコリー、プチトマト。彩りも豊かです。それからマッシュポテト。フランス料理屋さんとかで出てくるあの滑らかなマッシュポテトです。うまい。それからソース。たぶんバルサミコとマスタードのソースと思いますが、オーソドックスに普通にうまい。

それから鶏肉。ちょうどいい温かさで食べるとプリプリで柔らかくて、美味いです。

ちなみに本日のゲスト、パスタを頼んでましたが、量がかなり多かったです。普通の間隔では大盛り的な。あれは完食できない女子が結構いるんじゃないでしょーか。

食後のドリンクもついてます。カフェオレを頼みました。

Imag0319

それからなんと!今日は雨の日だったので「雨の日サービス」でケーキが出てきました!

Imag0320

いやー得しました。

1260円はワタナベ。ランチ的には予算オーバーですが、食事の内容からすると値段とのバランスがとてもいいと思います。これ1000円だったら★6個くらいつけますが、1260円でも十分満足ですね。

★★★★

2012年11月 1日 (木)

鉄火麺/東京味源

鉄火麺 930円
東京味源

おいら元々カレー党なのでラーメン党とは一線を画していて、ま要するにあんまりラーメン食べない人だったんだけど、日本橋時代の末期には「札幌や」の香菜ラーメンが結構好きになりまして、週イチくらいで食べました。

ラーメン党じゃないおいらですが、ラーメンは食べるなら味噌というこだわりがありまして、食べるなら断然味噌ラーメンなわけですよ。シーズン2開始したばかりなんで一応解説しておくと(シーズン1でいつだったか書いた気がしますが)、中学1年のときに、好きだった女の子を含め数人で「ラーメンは醤油か味噌かはたまた塩か」みたいな青春まっただ中の議論をしたわけです。で、「オレは醤油ラーメンが好きだ」って主張したらその子が、「え!?なんで!?ラーメンは絶対に味噌だって!ちょっとマジありえなさすぎるんですけど〜!!」みたいな感じのこと言われて(後半部分は当時はなかったかも)、以来ボクは味噌ラーメンとともに生きていこうと誓ったわけです。そしておいらは記録によるとその日から2005年の4月まで約18年間、味噌ラーメンの操を守り続けたわけです。いまどきめずらしい貞操観念です。

貞操は破ったんだけど、その後も基本的には味噌ラーメンという原則を守りつつ、たまに醤油とかとんこつで火遊びするみたいな生活だったわけです。

そんで味噌ラーメンなんですけど、なんか神田西口商店街とかラーメン屋さん結構ありますが、味噌ラーメンの店って無いような気がしてて、神田駅をちょっと過ぎたところにある「味源」に目を付けたわけです。おいら昔、国分寺に住んでたんですけど、国分寺駅前に「味源」があって、たまーにですけど、味噌ラーメン食ってました。10年くらい前の話です。で、神田駅前で「味源」見つけたもんで、久しぶりに味源のラーメン食ってみっか、というわけです。

味源には辛い系のラーメンが、辛口の「キムチラーメン」、中辛の「オロチョンラーメン」、激辛の「鉄火麺」と3つあって、いちおう全部食ったことあるんですけど、今日は久しぶりなので激辛の「鉄火麺」をチョイスしました。

20121101

辛いでござる。

でもなんか、もう「札幌や」色に染められたっていうか、なんかあなたじゃものたりないの、みたいな。麺はもすこしソフトで汁気を吸うのがいいわ、とか。パクチーないと嫌なの、とか。あの挽き肉とタケノコ炒めたみたいな具が欲しくて欲しくてたまらないの、とか。まるでそんな感じ。

ああ、でも食べて夜家に帰った後でお腹痛くなるこの間隔は一緒ね。お尻まで痛くなるのは余計だけど。

★★

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »