« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

味噌ラーメン/でびっと

今日は小川町界隈をフラフラ。特に目当てはなかったのですが、味噌ラーメンが食べられるラーメン屋あったらいいな〜と思いつつさまよいました。

すると「味噌あります」という貼り紙がしてあるラーメン屋さん発見。「でびっと」というお店です。あとで気づきましたがデビット伊東のラーメン屋です。

お店は女性も入りやすそうなきれいなつくりで、女性一人のお客さんもいました。メニューはこんな感じです。

Imag0635

普段は味噌ラーメンないんだけど、冬季限定で味噌ラーメンを提供しているようです。おいらは当然味噌ラーメンを注文。

味噌ラーメン登場。

Imag0636

具は少なめ。チャーシューと挽肉とネギなど。麺は細ストレート麺。おいらがあまり好きで無いタイプの麺です。スープもあまり味噌っぽさが無いというか、さっぱりした感じ。おいら味噌ラーメン食うときは寿命を30分くらい縮める覚悟できてるわけですよ。だからもう、体に悪そうなコッテリしたやつが食いたいわけ。そういう意味で物足りなさを感じます。ちょっと上品すぎるというか。


味噌ラーメン 800円
でびっと

2013年2月27日 (水)

ぶり刺身+鶏から揚げ/とりばん

ああ、今日もなんかから揚げが食べたい気分。昨日のじゃ物足りなかったのッ!満足できなかったのッ!だから頂戴ッ!

そんなわけですが今日は気分を変えて、久しぶりに神田西口商店街方面を探索します。

すると「とりばん」といういかにもから揚げを提供してそうな店を発見ッ!ていうか看板に「から揚げ」って書いてますし。

階段を昇って2階の入口から入店すると、普通の居酒屋さんといった感じのお店です。でも、そこはかとなく寂しげな店内。まだ11:40になってないとはいえ、他にお客さんがいない・・・?

するとそこはかとなく寂しげなおじさんの店員さんがやってきて、「おたばこ吸いますか?」というので吸わないと言うと、禁煙席に案内されました。ランチメニューは、写真撮るの忘れましたが、から揚げとかもも焼きとか鶏肉のメニューが3つ4つ。それから、ぶりの刺身+から揚げと、ぶり大根+から揚げっていうセットもありますよ、今日のぶりは大トロですよ、と言われおいらはぶりの刺身+から揚げのセットを注文。

そいで出てきました。

Imag0632

ご飯、味噌汁、冷や奴、漬け物、ぶり刺身、から揚げ2個のセット。

ぶり刺身のアップ。

Imag0634

冬場はぶりの刺身が美味い・・・はずなんだけど、これちょっと小っちゃくないですか?厚切りではあるけど。ぶりはもうちょっとこう、大きめのやつをガバっと食いたいんですよ。なんか鮮度も「新鮮!」て感じではない気がするし。

そしてから揚げのアップ。

Imag0633

・・・まあ、ぶりの刺身とセットだから、そんなにたくさんじゃないだろうとは思ってたけど、2個とは!ぶりあんな小っちゃいのに、から揚げ2個とは!少なくないっすかこれ!?味は普通でしたけど、あきらかに少なくないッすかこれ!?

こんなんじゃあたしの欲求不満は解消されないのッ!頂戴ッ!もっといっぱいッ!

そんなわけで不満の残る内容でございました。


ぶり刺身+鶏から揚げ 950円の50円引き
とりばん

2013年2月26日 (火)

自慢のからあげ定食/魚百

ときどき無性に食べたくなるんです。鶏のから揚げが。

でもワタクシ、自称・元日本橋ランチマスターでございまして、から揚げを数える単位が「個」じゃなくて「枚」の「串エ門」とか、甘辛のタレとしっかりした衣がウマウマの串兵衛とか(串兵衛はから揚げじゃなくて竜田あげだけど)、そういう環境で育ったざーますから、そんじょそこらのから揚げじゃ満足できないざます。もう、ふつうのじゃ、だめなの。

そんな訳なのですが、竹橋に移転して5ヶ月、まだ「!」というから揚げには出会っておりませんていうか、から揚げ食ってないかも。そんなわけなんですけど、今日は引き続き神保町界隈、「魚百」に挑戦します。おっさん向け居酒屋ですな。

ランチメニューはこんなん。

Imag0628

なぜか、から揚げだけ「自慢の」という接頭辞がついておるでよ。そんなに自慢なんですか?というわけでから揚げを注文。

結構待った後に、から揚げ登場。

Imag0629

ご飯、味噌汁、漬け物、冷や奴、から揚げ。

そいでから揚げのアップ。

Imag0631

なんか、自家製タルタル的なソースがかかっております。衣の色は白っぽい系。おいら茶色っぽいから揚げの方が好きなんですけど。あと、付け合わせはキャベツ。その横にマヨネーズとからし。

料理出てくるまでにそこそこの時間がかかっただけあって、から揚げは揚げたてと思われます。アツアツです。アツいぜベイベー。衣はやや固め。タルタル的なソースは、あんまりから揚げとマッチしてない気もしますが、何にもないとから揚げ5個は単調かも。

まあまあってとこですな。


自慢のから揚げ定食 700円
魚百
★★★

2013年2月25日 (月)

タイカレー(グリーン)/アボカフェ

タイカレー(グリーン) 800円
avocafe(アボカフェ)

今日も神保町界隈を攻めます。ウリリリリィ!・・・すいません、最近、Kindleでジョジョ読んでます。今までまったく読んだことないジョジョ童貞だったんですけど、筆おろししましたよ。

さて、今日はアボカフェに挑戦します。アボカド料理ばかり出すからアボカフェ。すべての料理にアボカドが入ってるらしいアボカフェ。路地に看板が出てますが、お店は古い雑居ビルの3階にあるので、行ってみるまでどんなお店なのかまったくわかりません。

エレベータに乗ると、3階のアボカフェと、4階のなんとかいうカフェのメニューとかチラシとかが貼ってあります。エレベータのスペースも有効活用。3階でエレベータを降りると、きれいすぎずきたなすぎず、広すぎず狭すぎず、ちょうどいい感じのお店です。

ランチメニューはこんなん。

Imag0623

スパム丼900円、タイカレー800円、日替わり1000円です。今日の日替わりは何だって言ってたかな。マグロの山かけ丼?ちょっと失念しました。おいらはタイカレーをチョイス。タイカレーは、グリーンカレーとかレッドカレーとか日替わりで変わるそうですが、今日はグリーンカレー(辛め)だそうです。ウェルカム!

まずはサラダが出てきました。

Imag0624

葉ものと、カボチャサラダと、プチトマト半分。分量的には「気持ちだけ」って感じですが、カフェめしはこの気持ちが重要かも。ドレッシングがちょっと酸っぱい。

まずは、本日のゲストいなぽんの注文したスパム丼。

Imag0625

アボカドたっぷり〜。温卵も美味そうだ。

そしておいらのグリーンカレー。

Imag0626

アボカド、ブロッコリー、オクラ、ナス、レンコン、ニンジン、トマトなどなど、野菜がいっぱい入ってます。オクラとかブロッコリーとかレンコンはくたくたになっておらず、歯ごたえもしっかり残ってて美味しいです。アボカドは、味自体は特に感じないものの、ねっとりとした食感はココナツミルクと相性がいいですな。なかなかイケますよこれ。

食後にはコーヒーか紅茶もついてます。

Imag0627

これで800円とか900円とかってのはなかなかよいですな。客層は女子中心。学生っぽい人も。おっさんはやや浮いてました。

★★★★


■他所のブログ等
たべたい!でも、やせたい!
花旅日記
おさんぽ神保町web

2013年2月22日 (金)

麻婆茄子+餃子セット/神田餃子屋本店

麻婆茄子 元祖餃子セット 950円
神田餃子屋本店

最近、神保町方面を集中的に開拓しております。今日は、「神田餃子屋」の本店に挑戦します。「天鴻餃子房」と同じ系列ってかこっちが本店みたいです。ここは「人生劇場」っていう一瞬「ストリップか!?」と思ってしまうような店名のパチンコ屋と同じ路地にあってややアヤシい感じもしますが、健全な中華定食屋さんです。

メニューはいろいろありますが、ランチ用のメニューはこんなん。

Imag0616

↑これ以外の通常メニューもあります。おいらはこの中から、麻婆茄子の元祖餃子セットをチョイス。

まずはスープ。

Imag0617

ラーメンのスープみたいな。ていうかラーメンのスープでしょうねこれ。

そして麻婆茄子。

Imag0618

こういうところの中華の炒め物って油がギトギトで、炒め物の下に油の層ができているようなところが少なくないのですが、ここのやつは油の層は目視で確認できず。意外とマトモかも。食べてみると辛さが結構マイルドだったので、もうちょっと辛い方がおいらの好みです。

ちなみにライスは平皿。

Imag0619

こりゃイカン。中華定食のライスはお椀に盛ってないと。

そしてセットの餃子。

Imag0620

ちょっと焼きが甘いっていうか、皮のパリパリ感が足りませんな。表面パリパリ、皮の中モチモチ、噛むと肉汁がジュワーみたいなのが理想ですわ。これはちょっと焼き加減がもう一つ。

★★★

2013年2月21日 (木)

Bランチ/矢の根寿司

Bランチ 1300円
矢の根寿司

今日は会社の近所のお寿司屋さん「矢の根寿司」に挑戦します。店名の前に「日本橋」とついています。ホームページ見たら、本店は日本橋にあるようです。三越の先。行ったこと無かったなあ。

さて、神田錦町店ですが、半地下みたいになっていて、外から店内の様子ははっきり分かりません。しかし、「外まで行列している日も結構ある」という目撃情報もあります。

お店に入ると、入口付近に個室がありますが、そこはスルーして8人がけのテーブルに案内されました。混雑時は相席になります。ランチメニューは1000円のAランチから4500円の極上握りまで色々ありますが、おいらは1300円のBランチをチョイス。ホームページによると、握り8カン(めじまぐろ、サーモン、鯛、穴子、 玉子、ほたて、いか、きんめ)、 巻物3個、小鉢、味噌汁。なお、A〜Cランチは1.5人前(12カン)もできるそうです(お値段も約1.5倍)。

注文して間もなく、店員さんが大変申し訳なさそうな顔をしてやってきました。

「あの〜・・・」
 なんだなんだ??

「・・・先着順で数に限りがあるのですが・・・」
 ん?ランチのネタが切れたか?

「サービスでいなり寿司を一つ、お付けできるんですけど、いかがですか」
 ずっこけました。そりゃいただきますよ。しかし、それ、そんな申し訳なさそうな顔して言うことでしょうか。

さて、まずは、そのサービスのいなり寿司と、小鉢の茶碗蒸し。

Imag0613

それからお寿司。

Imag0614

それぞれネタもしっかりした感じで美味かったです。穴子は、もうちょっとツメが甘い方が好きかな。

お味噌汁。

Imag0615

ぷちリッチなランチタイムでした。もっと高い寿司も食ってみたいな。誰かご馳走してくれんかな(所長とか)。

★★★★

2013年2月20日 (水)

激辛濃厚味噌ラーメン/はと車

激辛濃厚味噌ラーメン(中辛) 800円
竹炭ラーメン はと車

引き続き、神保町を攻めています。オラオラオラァ!

今日はラーメン屋「はと車」に挑戦します。「竹炭ラーメン」とか書いてあったり、お店の外装に古びた竹が無造作にかけられていたり、外に出てるメニューの字が下手だったり、ちょっとイヤ〜な予感がするんですけど、それでもオレは行くぜ!そこに店がある限り!

入店すると薄暗い店内はカウンター席のみ。カウンターの中の厨房におっちゃんが一人と、外と中を行き来する女性の店員さんが一人。

メニューはこんな感じ。

Imag0607

で、おいらは外に出ていたメニューでも目を付けていた「激辛濃厚味噌ラーメン」にしようと決めていたのですが、メニューの下の方を見ると、(1)ぴり辛、(2)中辛、(3)大辛、の文字が。なにこれ。「激辛」なんじゃないの?「激辛」のぴり辛とか意味わかんないんですけど!!とか思いつつ、「激辛濃厚味噌ラーメン」を注文。するとオヤジさんは、「中辛くらいにしときますか?」というよくわからないサジェスチョンをするので「じゃ中辛でお願いします」と流されてしまったオレ。

そいで出てきました。

Imag0610

うーむ・・・なんか黒いものがポツポツと浮いてるんですけど・・・。

あと心なしか麺が薄黒い。竹炭ラーメンっていうくらいだから、竹炭でも練り込んであるのか?

スープをズルズルとすすってみましたが、激辛でも濃厚でもない。ぴり辛にも届いてない感じだし、味噌も全然薄い。こんな薄味の味噌ラーメン久しぶりに食いましたよ。

そんなわけで、「激辛濃厚味噌ラーメン」っていうネーミングはなんとかした方がいいと思う。

2013年2月18日 (月)

日替わり定食(豚角煮)/BILBI

日替わり定食(豚角煮) 850円
BILBI

Imag0611

今日はカフェ「BILBI」に挑戦します。「カフェ・フルーク」の2軒くらい手前にあるお店なんですけど、前を通ると「おっ!?」って気になる、よさげな雰囲気をかもしだしてるんですよね〜。

入店すると1階はカウンター。2階にソファとテーブルがあるらしいですが、5人掛けとか6人掛けとかで、混んできたら相席になるそうです。今日は初挑戦ということもあり、まずは1階のカウンター席でいただくことにしました。

ランチメニューは、日替わり定食とカレーの2種類。今日の日替わり定食は豚の角煮だそうです。おいらは日替わり定食をチョイス。

しばらく待っているとお料理が出てきました。

Imag0603

すごい色々のってます。ご飯と味噌汁と、おかずが1、2、3、4,5皿!内容は、豚の角煮、サラダ、レンコンのきんぴら、キャベツの浅漬け、すいませんもう一皿は失念しました(写真中央)。

角煮のアップ。

Imag0604

角煮は一切れで、あとダイコンとインゲン。

全般に分量は控えめで、野菜の割合高し。味付けもそんなに濃くなくて優しい感じ。

食後にはコーヒー(またはウーロン茶)も出ます。

Imag0605

これで850円というのは、なかなかコストパフォーマンス高いですな。あと店員さんは女性2人でやってますが、立ち位置が左のお姉さんの笑顔が素敵です。

★★★★


■他所のブログ等
神田のカレー

2013年2月15日 (金)

辛味噌豚骨らぁめん/俺の創作らぁめん極や

辛味噌豚骨らぁめん 850円
俺の創作らぁめん極や

このところ神保町界隈を攻めております。おりゃおりゃおりゃ。ここか?ここがええんか?

まあ、「カフェ・フルーク」みたいな路地裏が攻め甲斐があるんですけど、今日はその路地の手前の大通り沿いのラーメン屋、「俺の創作らぁめん極や」に挑戦します。すごい店名です。オラオラオラぁ!オレってすげえだろ!みたいな超ドヤ顔的な店名です。

お店の外に出てる看板などからして豚骨ラーメンの店みたいです。おいらはラーメンにはうるさくないので、豚骨?ふーん・・・、てな感じで気にも留めないんですが、気になるのはメニューに味噌ラーメンがあるかどうか、ただそれだけです。このお店は、「辛味噌豚骨らぁめん」なるメニューがあるようです。いいねいいね!

お店の外に券売機があるので食券を買います。お目当ての「辛味噌豚骨らぁめん」のところには、「2012年新作」みたいなシールが貼ってありました。券売機で食券を買って店内に入ります。

まだ新しめのお店で、中は結構きれいです。女性のお客さんも結構いました。カウンターとテーブルがありますが、カウンターに案内されました。食券を渡すと、「大盛り、替え玉無料ですが、どうします?あっ、すいません、これは、大盛りだけ無料ですね、どうします?」と聞かれましたがそんなん普通でいいですよ。さらに「辛さどうします?」と聞かれましたが、初めてなのでこれもとりあえず普通で。

やや長めの待ち時間の後、ラーメン登場。

Imag0602_2

具はチャーシュー、ネギ、半熟ゆで卵、そしてなぜかワンタン。

スープ濃厚です。でもおいらは、ラーメンのスープはこれくらい体に悪そうなのが好き。辛さはなかなかちょうどいい感じ。とろみがついているので、麺とよくからみます。麺は軽く縮れた中くらいの太さで、これもなかなかおいらの好みです。ワンタンもラーメンの具としてはいかがなものか、と出てきたときは思ったのですが、食べてみると辛いスープに対するアクセントになっていてよい感じです。チャーシューは表面が炙ってあって香ばしいです。

全般的に美味しくいただきました。

★★★★


■他所のブログ
nobu's house
milesの「So What?」な日々

2013年2月13日 (水)

味噌オロチョン/味噌や

味噌オロチョン 750円
味噌や

Imag0601

★★★★

2013年2月 7日 (木)

水菜と白髪ネギのせ塩豚ごはん/+cafe Flug

水菜と白髪ネギのせ塩豚ごはん+温泉卵 1000円
+cafe Flug(カフェ・フルーク)

先日ペルソナに行った帰りに周辺の路地を色々探索したのですが、その際、よさげなお店がいくつか並んでる細い路地を発見しました。単体のお店ではなく路地全体の雰囲気というのは食べログとかネット検索ではなかなか分からず、やはり自分の足で歩いてみてこその発見なのでないかと思います。とか自画自賛してみたり。

そんなわけで今日は「+cafe Flug」というお店に挑戦します。

Imag0595

なんていうか、いかにも女子が好きそうなこぢんまりとしたカフェです。入口は大きな木枠のガラス戸、店内にはちょっと古い質感の木のテーブルとイス、という感じです。

ランチメニューはこういう感じ。いわゆるカフェめしですな。

Imag0594

おいら達が入店したときは他にお客さんはいませんでした。おいらはBランチの塩豚ごはんを注文。オススメにしたがって温泉卵もつけました。

まずはスープ。

Imag0586

カボチャと野菜のスープですな。量はちょぼっとですが優しい味で美味いです。

そこそこ待った後、ごはん登場。

Imag0587

塩豚ごはんのアップ。

Imag0592

水菜とネギたっぷりですな。温泉卵をぶっかけてごはんにまぶしていただきました。塩豚は焦げ目つきで香ばしく焼いてあります。しかも焼きたてっぽい。ごはんもホカホカ。美味いねこれは。

そしてこれは本日のゲストいなぽんの注文したイエローカレーのプレート。

Imag0589

カレーはかなりスパイシーで美味いらしいです。

そして食後にはコーヒー。

Imag0593

やはりお客さんは女子ばかりでした。おいら達が帰る頃にはだいぶ席が埋まってましたね。

★★★★

■他所のブログ等
All About
トコトコカフェメグリ
めし日記

2013年2月 4日 (月)

チキンカレー/ペルソナ

チキンカレー(特辛) 1200円
ペルソナ

今日は神保町付近をあてもなくフラフラ。最初はラーメン屋ないかなーと思ってたんですけどラーメン屋は目につかず、代わりに「欧風カレー」という看板が目につきました。お店が2階で、道からは店内の様子がわからないのですが、えいやと入ることにしました。

内装は落ち着いた喫茶店といった感じ。各テーブルには漬け物の壺が3つづつ置かれています。

メニューはこんな感じ。

Imag0580

ちょっと高めの値段設定。ポーク、チキン、ビーフ、エビ、チーズなどなど色々な具が選べます。からさも基本5段階、さらにその上に激辛が10段階あるようです。

おいらはチキンカレーをチョイス。辛さは、メニューに「辛いのが大好きなお客様に!」というコメントが付けられていた「特辛」にしました。

注文後、店員さんがまず持ってきたのは…

Imag0581

ジャガイモ。ここも神保町スタイルであったか…。なんだろうねこれ。カレーの前菜にジャガイモって起源はどこの店なんだろう。そしてなんでそれが神保町で広まっているのだろう。謎は深まるばかりです。

さて、ジャガイモ食ってたらカレーがきました。

Imag0582

カレーとライスは別々に供されています。ヨシヨシ。ライスにはチーズ?がパラパラとまぶしてあります。

まずはカレーをひとさじ、ライスにかけていただきます。

おお!この辛さはおいらの好みにピッタリだ!すばらしい!

あとはカレーをドバっとかけてらっきょとともにいただきました。

Imag0583

まあ全般的に日本人が慣れ親しんだオーソドックスなカレーライスという感じで安心していただけます。

だけど1200円はちと高いね。お会計したら200円割引券もらったんですけど。。

★★★


■他所のブログ
それいけ!神保町カレー探訪記
カレー細胞
お気に入りのカレー屋さん700


2013年2月 1日 (金)

チキンカレー/エチオピア

チキンカレー(辛さ5倍) 880円
エチオピア

今日はカレーの「エチオピア」に挑戦します。なんだか神保町のあたりじゃ有名なお店らしいです。

おいら達が入店するちょうど前に6人くらいドカドカと入店して、階段を昇って2階に行ったらちょうど満席・・・。店員さんに「食券を買って階段でお待ちください」と言われ、まずは食券購入。まあおいらこういう初めての店では基本チキンカレーと決めておるのです。辛さを指定できるらしいが、どんなもんか全然わからなかったのでとりあえず券売機の前のメニューに普通に記載されていた中では最大の「5倍」を指定。店員さんは「100倍まで1刻みで指定できる」とおっしゃってましたが・・・。

そいで食券を渡したら「階段でお待ちください」というので、2階のドアを出て階段でウエイティング。さ、さむい・・・。寒いよ・・・。かあさん・・・。

てな感じでしばらく待ってたら中に案内されました。コンパクトな店内はお客さんでギュウギュウです。

まずはジャガイモが出てきました。

Imag0554

ボンディと同じパターンです。なんだろうこれ?神田神保町のカレー文化なのかなこのジャガイモは?

そいでカレー登場。

Imag0555

シャバシャバした水っぽいインドカレー。おいらの一番好きなタイプです。

しかし・・・。イカン、イカンよこれは。

ライスとカレーが一つの皿で提供されます。いやーインドカレーは是非ともライスとカレーは別々に提供していただきたい。なんていうか、ひとさじずつチョロチョロとカレーをかけるのか、すべてのカレーをライスの上に一気にがーっとかけるのか、そういう自由を奪わないで欲しい。カレーはロックなんですよ。人それぞれ色んな味わい方があるんですよ。そうだろうエブリバデイ!!

まあそれは抜きにしてもですね、5倍という辛さは、全然初心者レベルでした。10倍くらいから試してみればよかったかな。

あとちょっとスパイスのパンチがもう一つ足りないというか、ガツンと来ないわけですよ。んーちょっと物足りないです正直なところ。有名店なだけに期待してたんですけどね。期待に胸をGカップくらいに膨らませてたんですけどね。

Imag0557

なんだかサービスのいちごアイスはうまかったですが。

★★


■他所のブログ
神保町カレー部ログ
CafeDawn
東京 食べ飲み歩キスト コジコジ
お気に入りのカレー屋さん700
はせどんブログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »