西洋料理(伊仏以外)

2013年5月10日 (金)

ピロシキランチ/サラファン

このブログを読んだお前がこの店に行く前に、言っておくッ! おれは今日、この店をほんのちょっぴりだが体験した。い…いや…、体験したというよりは、まったく理解を超えていたのだが……。

あ…ありのまま、今、起こった事を話すぜ!

「おれは、古いおんぼろビルの階段を降りていたと思ったら、いつのまにか高級なレストランに足を踏み入れていた」

な…、何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何をされたのか、わからなかった…。頭がどうにかなりそうだった…。催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ、断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…。

…というポルナレフ状態が味わえるお店です。

Imag0878

昨日の「cafe HINATA-YA」と同じビルです。おいら昨日、手動のエレベータのドアを体験したばっかりなのでなおのことビックラこきました。

おんぼろのビルのおんぼろの階段を降りていってドアを開けた瞬間、そこは明るくきれいな店内。すかさず冒頭のポルナレフ状態ですよ。あれ、これ、どこでもドア?って感じですよ。

ウエイターのおじさんが「いらっしゃいませ。お召し物をおあずかりしましょうか?」とか「いまお席をご用意いたしますのでお待ちください」とか「女性のお客様からお先にどうぞ」とか、めっちゃちゃんとしてる感があふれております。おいら、今日は暑かったので事務所から上着を着ないでワイシャツ姿で着たんですけど、上着ちゃんときてくればよかったと思ってしまいました。

お店はあんまり広くなくて、そこにぎりぎりめいっぱい2人掛けテーブルが置かれてるのですが、ウエイターのおじさんがいちいちテーブルをガーっとよけてくれるので、テーブルの奥に座る人もわりと安心です。

ランチメニューは撮影禁止っぽい感じでしたが、週替わりランチ(今日はなんか鶏肉を焼いたようななんかだった気が)とか、ハンバーグランチとかピロシキランチとか、1000円から。確かすべてボルシチ付き。ハンバーグにも惹かれましたが、せっかくのロシア料理初挑戦なのでおいらはピロシキランチを注文。

するとすかさずボルシチ登場。

Imag0873

おいらボルシチ食うの初めて。でもウエイターのおじさんが、「中央のサワークリームを溶いてピンク色にしてお召し上がりください」と優しく助言してくれます。

そしてパンもきます。

Imag0875

「パンをひたしてお召し上がりいただいても、美味しゅうございますよ」という追加のアドバイスをいただきました。

まずはボルシチのサワークリームを溶いて、ボルシチ単体でいただいてみます。具は野菜オンリー(キャベツ中心?)と思います。結構あっさりしてますな。サワークリームの爽やかな酸味があります。

次にパンをひたしていただいてみます。パン自体にすごいライ麦?の香りがあります。美味ですな。

そしてピロシキ登場。

Imag0876

おいらピロシキも初めてでございます。でも「ナイフとフォークでお召し上がりください」というウエイターのおじさんのさりげない助言。ピロシキは、なんか肉の入った春巻き的な何か、みたいなイメージしかありませんでしたが。結構、皮がモチモチしています。中の具は特段変わっているように思いませんでしたが、なかなか美味いです。

もーなんちゅーか、今日はボルシチ童貞とピロシキ童貞を卒業しちゃったのでなんかすごい大人になった気分。

本日のゲストおかもっちーはハンバーグ注文しておりましたが、こちらはまん丸で、中はぎっしりソーセージみたいな感じらしいです。

あとなんか、ウエイターのおじさんの気配り目配りがすごいっちゅーか、水が無くなるとサッと注いでくれるし、食べ終わると早すぎず遅すぎずのタイミングでお皿を下げてくれるし。

ちょっとコーヒー飲みたいかも〜ってウダウダしてたら、「食後いかがしましょうか。別途になってしまうんですが、コーヒー、ロシアンティーなどご用意できますが」と声をかけてくれるのでコーヒーを注文しました。

Imag0877

いやー、料理がとびきり美味しいってわけではないんですが、冒頭のポルナレフ状態も含めウエイターのおじさんのサービスも込みで、不思議と満足感の高いランチでした。


ピロシキランチ 1000円
コーヒー 300円
ロシア料理サラファン
★★★★

2012年12月17日 (月)

豚肉のグリル(料理名失念)/シャン・ドゥ・ソレイユ

(料理名失念)豚肉のグリル的な。 1260円
シャン・ドゥ・ソレイユ

雨が降りそうで降ってないような微妙な天気の中、傘を持ってベルギー料理の「シャン・ドゥ・ソレイユ」へ。2回目の挑戦です。

今日もお肉のランチを注文してしまいました。にくにくにくー!

…その前に、サラダ。

Imag0406

そして肉!

Imag0407

こりゃあもういかにも肉!ってくらい肉です。

厚めの豚ロース(多分)に網で焼き目がしっかりついてます。香ばしくて美味い。つけあわせのゴロっとした野菜とマッシュポテトもいいねー。

それから、本日のゲストのいなぽんのお魚料理も撮らせてもらいました。

Imag0408

これはマスタードソースかな?うまそーです。

そして食後はカフェオレ。

雨は…降ってなかったので雨の日サービスはなし。ちぇ。

★★★★

2012年11月26日 (月)

鶏のパン粉焼き/シャン・ドゥ・ソレイユ

肉のランチ(鶏のパン粉焼き) 1260円
シャン・ドゥ・ソレイユ

今日は(職場から見て)神田西口商店街のちょい手前にあるベルギー料理屋さんに挑戦です。

ここはおいらの通勤経路の途中(から数メートル横に行ったところ)にあり、お店の前は通らないんですけど、看板が見えるくらいのところを毎日通るので、「ベルギー料理ってどんなんかなあ」と日々思いを馳せていたわけです。

入り口は一段地下になっています。中に入ると、横から眺めた看板から想像したのより(どんなだ)広かったです。テーブルとかイスとかそんな高級感あふれてるわけではなくカジュアルな感じ。

ランチメニューは、パスタランチがAB2つ。それから肉のランチと魚のランチ。以上が1260円。それからもひとつラザニア(数量限定)が1000円。おいらは肉のランチを注文。今日は鶏のパン粉焼きです。

まずはサラダ登場。

Imag0317

シーザーサラダ的な。これ何かベルギー風?よくわかりません。

続いてメイン。

Imag0318

これもベルギー風?よくわかりません。あとバケットがついてましたけど、ベルギー風?ていうかフランスパン?よくわかりません。

このお料理はかなりちゃんとしてました。まず付け合わせの野菜が美味い。ニンジン、ベビーコーン、オクラ、ブロッコリー、プチトマト。彩りも豊かです。それからマッシュポテト。フランス料理屋さんとかで出てくるあの滑らかなマッシュポテトです。うまい。それからソース。たぶんバルサミコとマスタードのソースと思いますが、オーソドックスに普通にうまい。

それから鶏肉。ちょうどいい温かさで食べるとプリプリで柔らかくて、美味いです。

ちなみに本日のゲスト、パスタを頼んでましたが、量がかなり多かったです。普通の間隔では大盛り的な。あれは完食できない女子が結構いるんじゃないでしょーか。

食後のドリンクもついてます。カフェオレを頼みました。

Imag0319

それからなんと!今日は雨の日だったので「雨の日サービス」でケーキが出てきました!

Imag0320

いやー得しました。

1260円はワタナベ。ランチ的には予算オーバーですが、食事の内容からすると値段とのバランスがとてもいいと思います。これ1000円だったら★6個くらいつけますが、1260円でも十分満足ですね。

★★★★