トップページ | SOSが鳴ってる/麗蘭 »

KING SUMMER/忌野清志郎

 昨年に引き続き、忌野清志郎の日比谷野音ライブに行った。今年は8/14、15の2daysだったが、初日の14日の方を見た。

 5:30の開演予定のところ、5:00頃野音についたが、まだリハをやってるところだった。「KINGのテーマ」を演奏していた。しばらく公園で待っていた。そういやRCの頃は立ち見席のチケットしかとれなくて、ずいぶん早く来て並んでたっけなあ、なんてことを思い出した。いやあ、それにしてもこの日はめちゃくちゃ暑かった。開場後、入り口付近で「グロンサン」を配っていたので、受け取って飲んだ。セミが大きな声で鳴いていた。夏だ。野音だ。

 開演。バンド(Nece Middle with New Blue Day Horns)のメンバーが登場し、「KINGのテーマ」を演奏しはじめた。去年の野音ではやらなかったけど、その後のツアーからずっとこれが1発目のようだ。演奏が終わって、MCのアオリの後、清志郎登場!今日はハナからマントを羽織っている。バンドは再び「KINGのテーマ」を演奏している。清志郎はジリジリとステージを練り歩き、おもむろにマイクの前に立つと、「ブンブンブンブンブン!」とシャウトした。「ブン・ブン・ブン」だ!客席が弾けた。三宅のギターとホーンセクションの音がガキーンと頭に響く。その後、「玩具」を挟んで、「BAKANCE」「トランジスタ・ラジオ」「サマータイムブルース」をたたみかけるように演った。「サマータイムブルース」は「金属疲労もおきている」という歌詞だった。三宅はピート・タウンゼントばりにジャンプを決めた。

 ここまでは本当に次々と間髪いれずに演奏して会場の熱気もすごかった。一息ついた後、「ラプソディ」が始まった。うお、生で聴けちゃったよ。生ラプソディだよ。イントロの梅津和時のSAXも、清志郎の歌も、三宅のギターも素晴らしかった。間奏のSAXソロでは、鳥肌が立ちそうになった。生きててよかった!

 新曲を2曲やった。正直ちょっとどうかなという感じだったが、「G・O・D」の歌詞はインパクトがあった。出だしを聞いたときはジョージ・ブッシュ批判の歌かとも思ったが、そうでもなかったみたい。

 三宅コーナーの後、「メロメロ」を演った。三宅のギターがとても良い音出してた。そして、「スロバラ」「世界中~」のバラード2連発。ここがとてもよかった。このころ陽も落ちて辺りは暗くなり、明かりのついたステージが浮かび上がってるみたいだった。清志郎の声は、遥か遠くまで届きそうなくらいよく響いていた。「スロバラ」は去年の野音では弾き語り+ホーンというアレンジだったけど、今日はフルバンドでの演奏。「世界中~」は去年もやったけど、RC解散後の最高傑作だと思う。シングル出たとき買わなかった(というか、レコード屋に売ってなかった)けど、去年の野音の後で「世界中~」が入っているベスト盤を買ったくらいだ。

 その後は、再び「WANTED」から「雨上がり~」まで畳み掛けるように本編エンディングへ。特に、「上を向いて歩こう」が終わった後、そのままベースだけでボボボボボとイントロを弾いて、「Lonely Night」へなだれ込むところがよかった。「Lonely Night」を聴くと、なぜか「ああ野音だな」という気分になる。

 本編最後は近頃おなじみの、「BABY何もかも」。曲を演る前のアオリのところで、清志郎は、「戦争が始まったら、歌も歌えなくちゃうし、絵も描けなくなっちゃうし、自転車にも乗れなくなっちゃうかもしれないんだ」とか言ってた。後ろの席のお姉さんが、「全部手前の趣味じゃねえか!」ってツッこんでたけど、オレはそれでいいんだと思った。ロックなんて、自分のやりたいことをやりたいようにやりゃいいんだよ!って思った。だから清志郎、いっぱい絵を描いて、自転車にも乗って、そしてオレ達の前で歌ってくれ!そして、清志郎は自分のやりたいようにマントショー+布団ショーをバッチリやって、舞台袖に引っ込んでいった。

 アンコールでは最初弾き語りでグロンサンのCMソングを演った後、真心ブラザーズの「素晴らしきこの世界」を演った。オレは真心のオリジナルは知らなかったが、まるで清志郎のオリジナルのようだった。アコギの音と、清志郎の声が心地よかった。次の新曲「Jump」はキャッチーで覚えやすい感じでよかった。馴れてきたら盛り上がりそうな感じ。あとはお約束の「ドカドカ」と「気持ちE」で締め。

 もう一回アンコールで清志郎と三宅が出てきて2人で「約束」を演った。「ありがとう、夢のような日比谷野音のこの夜を」って最後のフレーズで、さっき清志郎にツッコミを入れていた恐そうなお姉さんが、「うふふ」って嬉しそうに笑ってたのが印象に残った。

 王道回帰した清志郎は、最初から最後までずっとカッコよかった。

040814_202601.jpg

セットリスト
2004.08.14 at 日比谷野音
忌野清志郎 & Nice Middle with New Blue Day Horns

01 KINGのテーマ
02 ブン・ブン・ブン
03 玩具
04 BAKANCE
05 サマータイム・ブルース
06 トランジスタ・ラジオ
07 眠れないTonight
08 ラプソディ
09 エンジェル
10 G・O・D(新曲)
11 KISS(新曲)
12 It's Allright~月がかっこいい(Vo.三宅)
13 メロメロ
14 スローバラード
15 世界中の人に自慢したいよ
16 WANTED
17 上を向いて歩こう
18 Lonely Night
19 雨あがりの夜空に
20 BABY何もかも
EN1
01 グロンサンCMソング(弾き語り)
02 素晴らしきこの世界(弾き語り)
03 Jump(新曲)
04 ドカドカうるさいR&Rバンド
05 キモちE
EN2
01 約束

ロックな日々

|

トップページ | SOSが鳴ってる/麗蘭 »

コメント

最後に観た野音はこっちだ。2004年。

投稿: はにおには | 2016.05.09 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42985/9505063

この記事へのトラックバック一覧です: KING SUMMER/忌野清志郎:

トップページ | SOSが鳴ってる/麗蘭 »