« the TEARS OF a CLOWN/RCサクセション | トップページ | MUSIC DAY 2006/忌野清志郎 »

僕と君の全てをロックンロールと呼べ/サンボマスター

僕と君の全てをロックンロールと呼べ

SRCL-6253/2006.04.12

01. 二人ぼっちの世界
02. 手紙 ~来たるべき音楽として~
03. 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ(アルバムバージョン)
04. 君の声は僕の恋僕の名は君の夜
05. 絶望と欲望と男の子と女の子
06. 世界はそれでも沈んでいくんだぜ
07. 戦争と僕
08. 愛しさと心の壁
09. 心音風景
10. ゲットバックサンボマスター
11. あの娘の水着になってみたいのだ
12. 二つの涙
13. 離れない二人(アルバムバージョン)
14. ベイビー優しい夜が来て
15. 全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ(アルバムバージョン)
16. 東京の夜さようなら
17. 僕と君の全ては新しき歌で唄え
18. 何気なくて偉大な君

出ました、サンボマスターのサードアルバム。

相変わらずタイトルからして暑苦しい。「僕と君の全てをロックンロールと呼べ」。はいはい。そうさせていただきます。山口隆はすごいな。「僕と君の全てをロックンロールと呼」ばないと大変なことになりそうな威圧感がある。家の前にやってきて大音量でエレキギターかき鳴らしながら絶叫しそうなイキオイがあるぞ。わかった。わかりました。僕と君の全てをロックンロールと呼びますから、それはカンベンしてください。

で、中身もやっぱ暑苦しい。すごいです。18曲も入ってます。アルバムタイトルだけでなく曲のタイトルも、「唄え」、「呼ぶんだぜ」、「いくんだぜ」、「なってみたいのだ」、「鳴らすのだ」とかもう暑苦しい。でもそれでいいのだ。クールで爽やかな山口隆などサンボマスターではない。そうだ、山口隆、お前はそのままのチビ+小デブ+メガネでいいのだ。てゆうかそのままでなければならないのだ。チビでなければならん。ダイエットしてはならん。コンタクトレンズをしてはイカン。

もうファーストアルバム聴いたときからずっと、このバンドは、特に歌詞の間口が狭いなと、ずっと思っていた。が、もう最近はそれでいいような気になってきた。ロックンロールとソウルミュージックと君と僕と愛と平和とやさしさとぬくもりがあれば、もうそれだけでいいじゃないかと、それだけ歌ってれば十分なんじゃねえかと、そういう気にさせられてきた。

「僕はズルい人間なんです」っていうのをこれ見よがしに見せ付け、それをウリにしてしまうこと自体のズルさも、もうなんだか許せる気になってきた。

いいぞ、山口隆。それでいいのだ。

オレはでもあれだな、「戦争と僕」、「ベイビー優しい夜が来て」みたいな分かりやすいやつが好きだけどね。あとキャッチーな「全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ」。あとはあれだ、「ゲットバックサンボマスター」の「ロックンロールの時間ですよ………………あーきたっ」ってのがよかったな。

なんかでも、ファーストアルバムやセカンドアルバムを聴いたときほど歌詞が突き刺さってこないのは何故なんだろ…。

|

« the TEARS OF a CLOWN/RCサクセション | トップページ | MUSIC DAY 2006/忌野清志郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕と君の全てをロックンロールと呼べ/サンボマスター:

« the TEARS OF a CLOWN/RCサクセション | トップページ | MUSIC DAY 2006/忌野清志郎 »