« 四季の詩/古井戸 | トップページ | ほとんどRCサクセション »

Rough Labour/The Wells

Wellslr
COCA‐11147/1990.10.21

01. Like a Working Machine
02. GパンとTシャツとBootsで
03. 3-3-5-0 Everynight
04. Tama-River Sunset
05. Happy Man
06. ぼくらの唄
07. 丘の上で
08. C.L.F.
09. Brother
10. ハエ
11. Unarmed Soldier Boy
12. Last Piece

The Wellsのメジャーデビューアルバム。代表的なところでは「Working Machine」、「3-3-5-0 Everynight」、「Happy Man」、「ぼくらの唄」なんかが入ってる。ちなみに「Happy Man」はデビューシングル(シングルバージョンとアルバムバージョンはミックスが違う、と思う)。日清製粉かなんかのCMソングに使われて、最初聴いたときは「おわっWellsだ」とびっくりしたものだ。

さて、このアルバム、オレは大学1年、91年に買ったと思う。ビンボーな学生時代に買った貴重なCDだったので、それこそ擦り切れるくらいよく聴いた。

この頃オレが持っていたCDは、RCサクセションとThe Wellsだけだった。6畳一間のアパートで、近所の迷惑もかえりみずデカい音で聴いた。時折ソウルやフォークの香りが漂うRCとは違い、Wellsからはシンプルなビート系(っていうのかなこれ)のロックの香りしか漂ってこなかった。でもオレは低音でズクズクいってるリフやキャッチーでメロディアスな単音リフが好きだった。「だった」っていうか今も好きだけど。「3-3-5-0 Everynight」なんてあの「ズクズクダカダカダラララ~ン」っていう低音のリフが聴こえただけでも~体がうずいちゃう。

で、このアルバムの一番の聴きどころはラス前の「Unarmed Soldier Boy」だ。曲順やジャケット写真からしてもこの曲がハイライトなのは間違いない。オレはこの曲を聴くといつも、サビの手前のオブリガート(でいいんだっけ…)のところでハラハラする。なんていうか、歌詞のとおり「ギリギリの気持ち」だ。

最近復活してるので、またライブ行きたいな…。

ちなみに、ここでR盤を購入することができる。

|

« 四季の詩/古井戸 | トップページ | ほとんどRCサクセション »

コメント

懐かしい
20数年前ライヴハウスに通っていました

ジュンスカのZeppTokyoに参戦します

呼人と馬越が仲良しだったからなんかいろんなことが懐かしくて

投稿: ウタエミ | 2011.05.26 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42985/10201398

この記事へのトラックバック一覧です: Rough Labour/The Wells:

« 四季の詩/古井戸 | トップページ | ほとんどRCサクセション »