« 三宅伸治デビュー20周年記念ライブ「BACKしよう」 @SHIBUYA-AX | トップページ | まだまだ完全復活祭 »

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館

そしてその日はついにやってきたのだった。

080210_172201_3

2008年2月10日。忌野清志郎完全復活祭。2005年のクリスマス以来のワンマンライブ。2年ぶり、実に2年ぶりのワンマン公演。

今週はもう、月曜日あたりからソワソワ。週末の日曜には武道館だ!って言い聞かせて仕事がんばりました。

九段下の駅に着いたのは17:15くらい。もはや武道館に向かう人の群れがスゴイ。オレ実は武道館初めてなのだ。キンチョー。今日の席はAブロックのステージほぼ正面。かなーりいい席。

18:10過ぎ頃、ついに開演のアナウンス。もうお客さんは清志郎がどこから出てくるのかとキョロキョロしながら、既にアンコールのような熱気で手拍子と声援。早く来い来い、出て来い清志郎!って感じ。

18:15頃、場内暗転。「君を呼んだのに」のSEとともに、ステージ上部のスクリーンに、清志郎の写真が映し出される。

抗ガン剤を打って間もないころなのか、髪の毛が抜けてツルっぱげになった写真。モノクロ。

正直ちょっと痛々しい。やっぱりガンってのは大変な病気なんだ。でも、写真は次々と入れ替わる。どうやら時系列で日をおって段々今に近づいてるみたいだ。髪の毛が徐々に生えてくる。髪の毛が生え揃った写真になったとき、場内からは「おおー」という歓声。写真はさらに入れ替わる。髪の毛はさらに伸び、メイクもばっちりキメて「忌野清志郎」に。で、シーンが変わって病院のベッド。清志郎が目覚める。退院して病院を出ると、歩くたびに派手なスーツ、ブーツと服装が派手になり、それまでモノクロだった画面もカラーに。

いよいよ始まる!

この間にバンドのメンバーがステージに出てきていた。ん、まだチャボはいないみたい。で、いつものファンファーレから謎の男登場。「お待たせしました、完全復活です!忌野清志郎ー!」という呼び込みから1曲目は「JUMP」!まーまー、そうだろうと思ってたけど予想通り「JUMP」!

清志郎はマント羽織って登場。いつものようにステージを練り歩き、そしていつものように歌いだす。そして歌いながら、広い武道館のステージを動き回る!

もうオレ、清志郎出てきたら泣いちゃうかと思ったけど、そーでもなかった。正直、9月のAXの三宅のライブの「JUMP」のイントロ聞いたときの方がウルっときた。

でも、武道館の清志郎は、2年ぶりワンマンの清志郎は、相変わらずフツーにカッコよかったのだった。相変わらずのカッチョよさだった。

序盤は「夢助」ナンバーを中心に。「誇り高く生きよう」とか「涙のプリンセス」とか、CDのスティーブ・クロッパーたちの演奏もいいけど、NICE MIDDLEの演奏もいい。2曲歌い終わったところで清志郎のMC。「応援してくれたすべての奴らに感謝します!」

そして「デイドリーム・ビリーバー」が終わったところでステージが暗転。清志郎がアコギを持ち、コードをジャカジャカと引き始める。ん…?なんか聞き覚えのあるようなこのコード進行は…「いい事ばかりはありゃしない」だ!するとブルージーなエレキの音色とともに、ステージ左手から誰かが歩いてくる…ってもうチャボに決まってんだけどさ!!いやもう、演奏が始まったときチャボがいないから、いつチャボが出てくんのかとソワソワしてたんだけど、もうこのチャボの登場シーンのカッコいいこと!!!サビをワンマイクでハモる姿なんかー見せられた日にゃ、もう辛抱たまらんわけですよアナタ。

ここからはRCナンバー中心に。「君僕」に、チャボの「チャンスは今夜」。「僕の好きな先生」は最後に古井戸の「さなえちゃん」のフレーズを挟んだり。超意外だった「私立探偵」に、「多摩蘭坂」。ふたたび「夢助」から「毎日がブランニューデイ」(オレの脳内では最近この曲がグルグルしてたので、こないだコードを耳コピならぬ脳コピしてしまった)をはさみ、清志郎がひっこんだところでチャボが「何か記念になる曲を、ってことで初めて2人で作った曲」と言って「コーヒーサイフォン」。レゲエ調のアレンジだった。

で、「GOD」で清志郎ふたたび登場。もっとチャボや三宅が何曲か歌って清志郎はしばらく休んでるのかと思ったら1曲ひっこんだだけで登場だ!すごいよ清志郎!オレより体力ある!

終盤、「スローバラード」をはさんで、今回のハイライト「激しい雨」。イントロの単音フレーズはチャボ。間奏はCDでは清志郎のハーモニカだったが今日はチャボのギターソロ。まさにいま武道館ではRCサクセションが聞こえる、RCサクセションが流れてるのだ。

チャボがギターをグレコ仲井戸モデルに持ち替え、「ドカドカ~」のイントロ。間髪入れず「気持ちE」で最後はやっぱり「Baby何もかも」。マントショーもたっぷりやって、布団ショーの後、コーちゃんのビシバシうなるドラムでお目覚め。清志郎ステージに引っ込み本編終了。

アンコールはまずバンドのメンバーが登場。チャボがマイクの前に立ち、「清志郎にはこれからも歌って貰わないと困る!」と客席を煽り清志郎コールを要求。そして「清志郎復活祭によォーこそ!」と叫ぶときたろーさんが、ボボンボンボンボン ボボンボンと「あの」イントロを!ここで「よォーこそ」か!!いやいや、今日はもしかして1曲目が「よォーこそ」かなと期待してたら「JUMP」だったんだけど、ここで「よォーこそ」やるとは!チャボとコーちゃんを歌詞つきで紹介した後、ゲンタ、きたろー、厚見、三宅の順番でソロを回す簡略化?バージョン。清志郎の「ガガガガ」も健在。

いやーもうこっからまた1時間くらいやるんじゃないかと思っちゃった。

しかしまあそんなはずもなく、「Rock Me Baby」をはさんで清志郎の「OK、チャボ!」というコールから「雨あがり」。RC後期からチャボは「雨あがり」のイントロを引っ張ってなかなか弾かないというワザ?を多用してたけど、この日はそんなにタメずにこれまでの勢いそのままに。

しかし清志郎、ライブが進むに連れて声がドンドン出る出る。正直スタミナが心配だったけど全然パワフル!

演奏終了後、客席に向かってメンバーとあいさつ。

メンバーがステージ袖に引っ込んでいくなか、清志郎がステージに残っていると執事のシャブちゃんがギターを持ってきた。

最後に1曲、清志郎ひとりで弾き語り。何をやるのかと思ったら「夢のような ことばかり~」と歌い出したのは「Like a dream」。「夢を信じて」って歌う姿に、いやいや、人間、どんな状況に陥っても諦めたらダメなんだと、つくづくそう思った。

そんなわけで清志郎、これからもヨロシク頼むぜ。お願いだ。


■セットリスト
2008.02.10 忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館
忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS plus 仲井戸"CHABO"麗市
(Vo.忌野清志郎、G.三宅伸治、B.中村きたろー、Key. 厚見玲衣、Dr.新井田耕造、Dr.江川ゲンタ、A.Sax.梅津和時、T.Sax.片山広明、Tp.渡辺隆雄、G.仲井戸"CHABO"麗市)

01.JUMP
02.涙のプリンセス
03.誇り高く生きよう
04.ダンスミュージック☆あいつ
05.NIGHT AND DAY
06.デイ・ドリーム・ビリーバー
07.いい事ばかりはありゃしない (以下、plus チャボ)
08.君が僕を知っている
09.チャンスは今夜 (Vo. チャボ)
10.ぼくの好きな先生
11.私立探偵
12.多摩蘭坂
13.毎日がブランニューデイ
14.コーヒーサイフォン(Vo. チャボ)
15.GOD
16.スローバラード
17.激しい雨
18.ドカドカうるさいR&Rバンド
19.キモちE
20.Baby何もかも

Encore
01.よォーこそ
02.ROCK ME BABY
03.雨あがりの夜空に
04.LIKE A DREAM

|

« 三宅伸治デビュー20周年記念ライブ「BACKしよう」 @SHIBUYA-AX | トップページ | まだまだ完全復活祭 »

コメント

読んでて涙が~…!!

うう、ありがとうございます。

よそで先にセットリストは見ていたのですが、
デイドリームビリーバーが入っているのを見て

「ずっと夢を見て いまも見てる」って歌詞が
ぽーんと出てきて

清志郎ってなんてすごいんだろうって思いました。
何度も何度も言っちゃうけど、本当に嬉しい!!ですo(^_^)o


投稿: ちゅーた | 2008.02.13 20時32分

清志郎復活本当によかったですね(^o^)
私もライブみたかったな~旦那と初めて手を繋いだ時 車の中で… スローバラード 君が僕を…
そしてハタチで二人でストーンズ初来日の東京ドーム この前の来日の時は子供と三人!すべてはRCからはじまったよ

投稿: するめ | 2008.02.23 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42985/40091680

この記事へのトラックバック一覧です: 忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館:

» 忌野清志郎 完全復活祭(武道館)  [つながる、感じる、くさりのBlog。]
行って来ました。 以下、愛と敬意と感謝を込めて、長文で報告します。セットリスト付き。 2008.2.10 日本武道館 忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BL... [続きを読む]

受信: 2008.03.04 02時19分

« 三宅伸治デビュー20周年記念ライブ「BACKしよう」 @SHIBUYA-AX | トップページ | まだまだ完全復活祭 »