« Abbey Road / The Beatles | トップページ

梅津和時プチ大仕事2010春「清志郎を支えたバンドマンの愛と誇り」/Nice Middle & New Blue Day Horns

もうブログ更新ずっとサボってたけど、久しぶりに興奮したから書いちゃう(笑)。2010年3月19日、新宿PIT INNの梅津和時プチ大仕事に行ってきた。

いやー素晴らしかった。主のいないバックバンドになってしまったNice Middle with New Blue Day Hornsだけど、彼らは単独でも十分に楽しかった。

新宿ピットインでの梅津さんの「プチ大仕事」、オレは2005年にチャボが出たとき以来5年ぶり2度目の来日です。チケットの整理番号は30番だったのでなんとかイスをゲット。ステージ全体が見渡せるイイ席です。お客さんはギッシリで、イス席の後ろは押すなへすなの満員電車状態。

定刻過ぎにメンバー登場。中央に梅津さん、その向かって右手に片山広明、渡辺隆雄、左手に三宅伸治、後列は左からきたろーさん、江川ゲンタ、右奥が厚見玲依。Nice Middle with New Blue Day Horns勢揃いです。チケットやチラシの表記はNice Middle 「&」 New Blue Day Hornsだったけど、オレにとってはNice Middle 「with」 New Blue Day Hornsなのです。

で、てっきり例のファンファーレで始まるのかと思ってたら(もしかして司会の謎の男ツタオカ氏も出るかも?なんて思ってたけど)、三宅のメンフィスソウルっぽいギターリフから始まったのは「I Can't Turn You Loose」。まさにショーが始まるぜ!って感じ。

曲が終わると梅津さんがあいさつ。清志郎の作ってくれたバンドを続けていきたいとか、ここはPIT INNなんで緩くやりますとか、チャボ君は3時間ぶっつづけでやるんだけど私たちそんな体力ないんで途中休憩を入れますとか、そんな話。

オープニングはインストだったけど2曲目からは三宅の歌でソウルのカバーを日本語で。2曲目は知らない曲だったけど、こちらのレポによると「Hard To Handle」とのこと。続いて「Fa-Fa-Fa-Fa-Fa 」。これは客席とのコール&レスポンスがソウルっぽい。やっぱホーンセクションありのバンドでソウルっぽい曲は楽しい。

で、梅津さんが、RCのいい曲はたくさんあるんだけど、伸ちゃんが清志郎と一緒に作ったいい曲もたくさんあって、今日はそういう曲をいっぱいやります、みたいな話があって、「Remember You」。きたろーさんのコーラスがキマってた。あと第1部では清志郎アルバム「GOD」から「春の嵐」と「君を信じてる」、あと「KING」の「胸が張り裂けそう」をやって、この辺の曲は歌詞が、君を忘れないとか、僕は待っているよもう一度会える日をとか、寂しくはないさとか、おまえのこと思うと胸が張り裂けそうだとか、そういった系の詞が連発だったのでグググときた。

第1部は「君を信じてる」で終了。20分の休憩。

第2部はインストの「Shake」から。2曲目は曲名がわからなかったけど梅津さんが「MGsとメンフィスホーンズの曲です」みたいなこと言ってた気が。これもインスト。メンバーでソロ回した後、お客さんにもソロ?回されてお客さんみんなで「イエー!!」とか「わーーー」とか叫ぶ。楽しい。

中盤、梅津さんが、RCの名曲もひとつ、みたいなこと言うと江川ゲンタがスティックでカン、カンとゆっくりカウント。このテンポは「いい事ばかりはありゃしない」だ!で、ホーンのイントロ。てっきり三宅が歌うのかと思ったら「いい事ばかりは~」と歌い出したのはなんとドラムの江川ゲンタ。ドスの効いた声でネチっこい歌い方。これが何気によかった。2番以降は順に、きたろー→厚見→片山→渡辺→梅津の順番でボーカルを回してた。片山広明はグダグダだったけど、他はそれないに味わいが。

「ベートーベンをぶっとばせ」でNew Blue Day Hornsが順に客席に乱入(三宅も乱入するかと思ったが、三宅は乱入なし)した後は、三宅が右手を挙げて「JUMP」のイントロを弾き出す。これまで座ってたイス席のお客さんも半分以上立った。オレも立ちたかったけど、席が狭くて立てなかった。でもジャズの殿堂PIT INNでみんなでジャンプ。「いやーまさかPIT INNでJUMP演るとは思わなかった」と梅津さん。

本編のラストはこの日のために三宅が書いた新曲「ボスのソウル」。何日何ヶ月経っても忘れない、みたいなバラードでした。

アンコール1発目は、「この曲はインストで演ろうと思います。歌は皆さん歌ってください」という梅津さんの言葉で「スローバラード」。梅津さんがボーカルパート吹いてましたが、客席から大きな歌声。間奏は三宅のギターソロ、後奏は梅津さんのソロでシビれる演奏でした。

スロバラが終わると、バスドラのドンドンドンドン…というリズム。これはもちろん「上を向いて歩こう」ですがイントロのかけ声は梅津さんが「日本の有名なジャズナンバー!」で始まりました。三宅、梅津さん、江川ゲンタがみんなそろって歌ってた。メロディは清志郎風じゃなくて坂本九のオリジナルバージョンのメロディに近かったけど(三宅だけは「上を向いて」の「う」を清志郎風に外して歌ってた)。間奏はきたろーさん、江川ゲンタを含めて全員が順番にソロ。

最後はもちろん「雨上がり~」。これはさすがにオレも立ちました。

いやーすばらしいライブだった。こういうのが観たかったんだよオレ。満足。大満足。ライブ始まる前は全編清志郎ソングで押し通すのかと思ってたら、清志郎のステージではやったことのないソウルのインストとかも混ぜてチラっとオリジナリティを出してるところとか、清志郎がいなくてもナイスミドル続けていくんだ!っていう意志表示のように感じました。これならNice Middle 「&」 New Blue Day Hornsでいいと思ったよ。

こういうのまたやってほしいなあ。ゲストのボーカルとかいらないから、ナイスミドルのワンマンで。十分にすばらしくて楽しいバンドなんだから。

|

« Abbey Road / The Beatles | トップページ

コメント

ワタナベさん、はじめましてm(__)m
HIRO@世捨て人と申します。
僕も、この感動的なライブに参戦しました。

本当に素晴らしいライブでしたね♪
清志郎を支え続けたバンドマンたちの愛と誇りがタップリと詰まっていて、ボスのソウルが満ちあふれていて!

事後報告で申し訳ありませんが、拙ブログ記事の文中よりリンクさせて頂きました。
宜しくお願いしますm(__)m

投稿: HIRO@世捨て人 | 2010.03.22 17時50分

2ヶ月で貯金100万超えた!
http://pizapizahiza.net/fox/lwar4as
乳揉んだり、ま×こジュポジュポしただけなのに(笑)

投稿: まさみつ | 2010.04.20 05時43分

お小遣いくれるって言うから、肉バイブやってきた!!
http://buta-infr.net/art/k6ltb8w

投稿: ミミガー | 2010.06.05 15時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42985/47874607

この記事へのトラックバック一覧です: 梅津和時プチ大仕事2010春「清志郎を支えたバンドマンの愛と誇り」/Nice Middle & New Blue Day Horns:

» 清志郎を支えたバンドマンたちの、愛と誇り [世捨て人の戯言]
3月19日、新宿PITT IN。 2010春、梅津和時・プチ大仕事の4日目。 「清志郎を支えたバンドマンたちの、愛と誇り」と題されたNice Middle & NEW Blue Day Hornsのライブが開催された。 [続きを読む]

受信: 2010.03.22 17時44分

« Abbey Road / The Beatles | トップページ